しらべぇ

フレッシュネスの冬バーガーはポルチーニ茸とトリュフチーズで贅沢に

フレッシュネスバーガーで12月1日から販売するオトナ贅沢なハンバーガー

グルメ

(ポルチーニトリュフチーズバーガー)

12月で創業25周年を迎えるハンバーガーチェーン「フレッシュネスバーガー」が、期間限定の新商品『ポルチーニトリュフチーズバーガー』(880円・税別)を12月1日から1か月限定で、一部を除く全国の店舗で販売する。

高級食材としても知られる世界三大キノコのうち、「ポルチーニ」「トリュフ」ふたつを使った、香り高いハンバーガーを早速しらべぇ取材班が実食した。

 

■キノコが香り立つ

『ポルチーニトリュフチーズバーガー』のパティの上には、炒めたポルチーニ茸をのせた上に、アツアツのチーズソースがたっぷりかかっている。

チーズソースはモッツァレラとマリボーの2種類のチーズにトリュフを混ぜ込み、最後までトリュフの香りを楽しめるように工夫された。

こだわりのパティには、牧草を食べて育つグラスフェッドビーフを100%使用し、低脂肪・低コレステロールの肉質が特徴。また、ベースのバンズの上には、コクをプラスするためのタルタルソースが注入されている。

 

■オトナの贅沢バーガーを実食

手に取ると、ずっしりとした重みが。ハンバーガーに顔を近づけてみると、キノコの豊かな香りが押し寄せ、まずは一口。

肉厚なポルチーニ茸がゴロゴロと入っており、食感は柔らかい。味付けはシンプルで、旨みがジュワッと口の中に溢れる。

とろっとろのトリュフチーズソースは風味が濃厚で、塩気がちょうど良い。贅沢な香りは、ちょっとオトナのハンバーガー。

パティは食べごたえのあるサイズで、充分なボリューム。ソテーされたタマネギやレタスも、シャキシャキとみずみずしい。

一般的なハンバーガーより、ちょっとだけ贅沢な価格帯ながら、高級キノコの香りとチーズソースのまろやかさには、値段以上のお得感があり、リピートしたくなる味わい。

今年1年頑張ってきた自分へのごほうびに、また、ワインと合わせる楽しみ方もできそうだ。

・合わせて読みたい→熊本大学の裏山に高級キノコ『ポルチーニ茸』が生えている?行ってみた結果

(取材・文/しらべぇ編集部・小河 貴洋

この記事の画像(2枚)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu