しらべぇ

「もっとも忙しい」と感じるのは何月? 1位はやっぱり…

「もっとも忙しい月」を調査。結果は予想通り?

ライフ

(BrianAJackson/iStock/Thinkstock)

2017年も残り1ヶ月。12月は「師走」と呼ばれており、年内に終わらせなければいけない仕事や忘年会、年末の挨拶回りなど仕事が多い。そのため、12月は1年でもっとも忙しい月といわれる。

一方で、「年度末である3月のほうが忙しい」「いや、ゴールデンウィークのある5月だ」などの意見も。

 

■一番忙しい月はいつ?

そこで、しらべぇ編集部では全国20代〜60代のの男女1,357名に「一番忙しい月」についてを調査。

結果、1位はやはり12月で、42.6%とダントツ。仕事量が増えるうえ、忘年会やクリスマスなどのイベントもあり、必然的に忙しくなってしまうのだろう。

2位は「年度末」の3月で、13.9%。年末同様慌ただしいイメージがあったが、12月とは28ポイント差がついた。やはり年末には、敵わないということか。

 

以下3位には、年度初めの4月が入り、11.3%。そして、4位は年初めの1月。そして、5位にはゴールデンウィークのある5月が入った。

結果を見るかぎり、年末年始、年度末・年度初めなど、「期日までにこなさなければいけない仕事」が発生する月ほど、「忙しい」と感じる傾向があるようだ。

 

■どのような人が忙しいと感じている?

一体どのような人が「12月は忙しい」と感じているのだろうか? 性年代別で見ると、ある傾向がでた。

もっとも「12月が忙しい」と感じているのは60代女性で、73.2%。おせち料理や大掃除など、家事を担当することが多いだけに、忙しさを感じてしまうのかも。

また、年代が上がるごとに12月を「一番忙しい」と考える人の割合が増加しているうえ、男性よりも女性のほうが割合が高い。

一般的に、家事を担当することが多い女性は、仕事に加え、年越しの準備が重なる12月は、忙しさを感じてしまうのだろう。

「もっとも忙しい」と感じる12月。上手く分担しつつ、根性で乗り切りたいものだ。

・合わせて読みたい→今年の母の日「カーネーション」贈る?もらう側の本音も調査すると…

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年6月2日~2017年6月5日
対象:全国20代~60代の男女1.357名(有効回答数)

この記事の画像(3枚)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu