しらべぇ

娘に「1億2000万円のリハーサル室」建設 俳優・辰巳琢郎の親バカがスゴすぎ

『良かれと思って』で俳優・辰巳琢郎の親バカぶりが話題

エンタメ

京都大学文学部卒のインテリ俳優・辰巳琢郎(59)が、今ちょっと心配な「二世芸能人の父親」の1人として、29日放送『良かれと思って』(フジテレビ系)に出演。

娘がソプラノ歌手の辰巳の「親バカぶり」が指摘され、話題となっている。

(画像は辰巳琢郎公式ブログからのスクリーンショット)

 

■1億2000万円のリハーサル室

「子供にお金をあげすぎじゃないか」という世間の声が届けられ、辰巳が「娘のために1億2000万円かけてリハーサル室を建造した」ことが明らかに。

自宅の離れとして、高級住宅地・世田谷区成城に建てられた地上3階地下1階の一軒家には、1000万円の練習用ピアノを置き、娘はプロのピアニストを呼んで歌のレッスンを受ける。

娘がくつろげるように、バーカウンターや応接室まで設置。地下には辰巳の趣味を兼ねた20畳にも及ぶワインセラーもあり、3000本以上のワインが並べられていた。

 

■仕事や恋愛にも介入

娘の仕事にも辰巳が介入。「娘のコンサートをいろんな人に見てほしい」辰巳は、作家やプロデューサー、財界人など友達に声をかける為、コンサート会場は「偉い人だらけ」になるという。

リハーサルにも参加、現場の証明スタッフに指示を出し、娘のメイク時間が押してしまうなど実害も出ていると明かされる。

さらに、娘が「気になっている男性との飲み会や食事に、なぜか途中合流して連絡先を交換するのをやめてほしい」と訴えると、「反論のしようがない」と反省。

それでも「若い人とも付き合いたい」と必死に弁明したが、周囲から「自分が20代に戻って考えて、お父さんが合流したら嫌でしょ」と注意されると「嫌だね。良いこと言うね」と最終的には納得した。

 

■視聴者も想像通り

仕事や金銭面だけでなく、恋愛にまで介入する「親バカ」ぶりを発揮した辰巳や、他の二世タレントの親を観た視聴者からは厳しい意見が集まった。

擁護する声もあったものの、世間は「二世タレントの親は甘い」と認識し、辰巳をイメージ通りの甘い親と判断していた。

 

■6割が「二世タレントの親は甘すぎる」

しらべぇ編集部で、全国20〜60代の男女1,336名を対象に「二世タレント」について調査、6割以上が「親が甘すぎる」と回答した。

二世タレントの不祥事が世間を騒がせる昨今、親の厳しい躾を期待する視聴者は多い。辰巳も、どれほど可愛い娘だろうと厳しく突き放し、娘の成長を見守るべきかもしれない。

・合わせて読みたい→【賛否両論】九九が言えないタレントは笑って済まされるべき存在なのか?

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年4月21日~2017年4月24日
対象:全国20代~60代の男女1,336名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu