しらべぇ

女優・松岡茉優、「友達ゼロ」のぼっちだった高校時代告白に指原莉乃共感

『今夜くらべてみました』で女優・松岡茉優が暗かった高校時代を明かし、HKT48・指原莉乃も共感を示した…

エンタメ

数々のドラマや映画で活躍する女優・松岡茉優(22)が、29日放送『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に出演。

「友達がいなかった」高校時代の思い出を語ると、HKT48・指原莉乃(25)が共感し、話題となっている。

(画像は松岡茉優Instagramからのスクリーンショット)

 

■高校時代の闇

3歳でスカウトされた妹について行き、おまけで芸能界入り。13歳の頃には朝の人気番組『おはスタ』(テレビ東京系)の「おはガール」になり、「学校に布団を持ちこんで寝ていた」ほど多忙を極めた。

芸能科のある高校に転校した際、高校デビューを果たそうと「窓際で難しい本を読む」キャラ設定で過ごした結果、「友達が2年間できなかった」と明かす。

卒業前の3~4ヶ月前には、元アイドリング・朝日奈央(23)に話しかけられ、「本当に楽しい高校時代を過ごせた」と感謝を示した。

 

■指原が共感

友達ゼロ時代、キツかったのは「お弁当を1人で食べる」ことと「体育の時間にペアでストレッチする」こと。いつも先生とペアを組んでいたと嘆く。

ここで、高校生の頃は1人だったという指原が同調。1人で勉強できるフリースペースにずっと逃げ込んでいた為、足音で誰が来たか分かるようになったと当時を振り返った。

 

■ストレス発散法も独特

さらに松岡は自宅で、パソコンのボイスメモを使う独特のストレス発散法も告白。

1日あったことを録音、ラジオ番組のように仮想のリスナーに喋りかけ、タイトルまで付けていたと明かすと、指原はこの松岡の奇行を「ユーチューバーの先駆け」と評価。

聞き直すのか問われると、「将来、どの道を進むか悩んでいた時、音源を聞き直して『女優になる』と決意した」と語った。

■視聴者も共感

松岡の暗い高校時代に、意外にも多くの視聴者が共感を寄せている。

暗い青春を過ごしながら、現在は芸能界で輝く松岡に好感を持った視聴者も多かった。

 

■「ぼっち」経験者は約3割

しらべぇ編集部で、全国20〜60代の男女1,342名に「学生時代について」調査、「学生時代にぼっちだったことがある」と答えた人は、全体で31.1%と判明した。

学生時代ぼっち男女別グラフ

学生時代、学校や友達が人生の全てと感じがちだ。だからこそ、「ぼっち」になるのが辛い学生が大半だろう。

しかし大人になれば、複雑な人間関係に嫌気が差し、あえて「ぼっち」を楽しむ人も少なくない。松岡のように、学生時代の「ぼっち経験」も笑い話に出来るはずだ。

・合わせて読みたい→松岡茉優は美人? それともかわいい? 世間のリアルな評価に驚き

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年7月14日~2017年7月17日
対象:全国20代~60代の男女1,342名 (有効回答数)

この記事の画像(1枚)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu