しらべぇ

NHK大河ドラマにビートたけし出演決定 「2019年まで死ねない」の声も

ビートたけしが大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」に出演することが判明。

エンタメ

2019年1月に放送される大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』(NHK)に、落語家の古今亭志ん生役として、ビートたけしが出演することがわかった。

 

■『いだてん~東京オリムピック噺~』とは?

『いだてん~東京オリムピック噺~』は、『ゆとりですがなにか』や、連続テレビ小説『あまちゃん』の脚本家・宮藤官九郎による書き下ろしドラマ。

主人公は、マラソンの予選会で世界記録を樹立した金栗四三(中村勘九郎)と、日本水泳の礎を築いた田畑政治(阿部サダヲ)の2人。この2人が主役をリレーし、物語が展開していく。

ビートたけしが演じるのは、そんなドラマの語り手である、生粋の江戸っ子で稀代の落語家。作中では、このキャラクターの波乱万丈な人生も挿入される。

なお、青年時代は森山未來が演じ、師匠役は松尾スズキ、さらに神木隆之介や橋本愛もドラマに出演するという。

 

■キャスト発表に「1年先だけど楽しみ」の声

ドラマのキャストが続々と発表され、「絶対面白い」「2019年まで死ねない」の声が上がっている。

 

■お笑いBIG3の中だと、ビートたけしは?

しらべぇ編集部では、全国20代〜60代の男女1,351名に対し「お笑いBIG3で一番いなくなってほしくないのは誰か」の調査を実施。

結果は、明石家さんまが37.8%で、タモリとビートたけしの2人を抑える結果となっている。

明石家さんまやタモリと比べ、少々支持が少ないビートたけし。「お笑い」だけでなく、「俳優」や「映画監督」としての活動の印象が強いからだろうか。

『いだてん~東京オリムピック噺~』では、主人公に次いで重要な役どころを演じる。本作の追加キャストの発表、そして2019年1月の放送を楽しみに待ちたい。

・合わせて読みたい→「お笑い界の重鎮」でもっとも好きな芸人は? 1位はやっぱり…

(文/しらべぇ編集部・綿 つゆ子

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年9月23日~2016年9月26日
対象:全国20代~60代の男女1,351名(有効回答数)

この記事の画像(2枚)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu