世の中は「不安と希望」でいっぱい? この1年の広告コピーを解析して見えた事実

東京コピーライターズクラブ(TCC)が主催するTCC賞への応募作から、2017年の世相を分析。

女子高生
(Tomwang112/iStock/Thinkstock)

 1年間を通じて広告で使われた言葉から、この一年を振り返る 『広告コピー解析2017』が今年も、東京コピーライターズクラブによって発表された。

 

■応募作の中から言語解析

コピーライターにとって、広告業界を代表する賞のうちの一つであるTCC賞。

この企画は、その選考対象となったテレビCMからポスター、webなど様々な媒体の広告コピー23,767件を自然言語処理にかけ、少なくとも100以上の作品で使用され、かつ前年より120%以上利用回数が増えた言葉を抽出。

それを順位付けすることで、「広告の中でよく目にした言葉」を明らかにし、この一年間の世相を分析してみようという試みだ。

 

■「不安」が「希望」を上回る

名詞の2位に「希望」、1位に「不安」がチャートイン 今回、名詞の伸び率で前年比211%となったのが「希望」。

そして381%もの伸び率となった「不安」が、広告の中で、もっとも急激に利用された旬の言葉として1位に躍り出た。

TCC

次ページ
■「希望」は「不安」とともに頻出

この記事の画像(6枚)

あなたにオススメ