一年を締めくくる季節のご挨拶 お歳暮を贈る件数はどのくらい? 

今年、お歳暮を何件贈るか調査を実施。年収別の集計も。

ライフ

2017/11/30 08:00

(paylessimages/iStock/Thinkstock)

今年もお歳暮の準備シーズン。お世話になった人たちへのお礼の気持ちや、親しい人との結びつきを大切にする習慣として定着している。

しかし、しらべぇの調査では、今年お歳暮を贈る予定があると回答したのはおよそ4人に1人と、年々古い慣習はなくなりつつある。

 

■お歳暮を贈る件数は?

編集部では、全国の20代~60代で、この冬、お歳暮を贈る予定がある男女484名を対象に、贈答件数に関する調査を実施した。

今年お歳暮を送る件数の平均は、3件を少し下回る。「1件」と回答した人が30.3%と最も多く、「2件」の28.7%、「3件」の16.5%と続く。

贈答件数が1~3件だったのは75.5%で、4人に3人が該当する。しらべぇの今年の夏の調査で、お中元を贈る件数を1~3件と答えたのは65.4%で、10ポイントも増えている。

 

 

■高所得者ほど多そうだが…

お歳暮を贈る件数が多い人の特徴を調査すると、年収別では300~500万と700万以上で3割を超えたが、中間の500~700万では17.5%と2割を下回っている。

高所得者ほど件数を多く贈りそうだが、一概にそうではないようだ。

お歳暮ギフトといえば、仕事上での関係作りとするイメージが強いが、贈答意向が低く、また、贈答件数は3件以内に集中している。ごく親しい間柄でのやり取りを重視する傾向があるのだろう。

中には、贈り合うのなら、そもそも必要のない慣習だと考える人も多い。ただし、お歳暮には、感謝の気持ちが含まれていることを忘れないようにしたい。

・合わせて読みたい→暮れの挨拶なんてSNSで充分?20代「お歳暮を贈る」は激減

(文/しらべぇ編集部・小河 貴洋

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年11月17日~2017年11月20日
対象:この冬、お歳暮を贈る予定がある全国20代~60代の男女484名(有効回答数)

この記事の画像(3枚)

あなたにオススメ