しらべぇ

トリック解明より…『刑事ゆがみ』高評価は切なさと繊細な心理描写

浅野忠信・神木隆之介らの演技力が可能にした、繊細な心理描写が大きな魅力

エンタメ

(画像提供:(C)フジテレビ『刑事ゆがみ』

今夜10時に、第8話を迎える『刑事ゆがみ』(フジテレビ系)。

浅野忠信演じる刑事・弓神適当と、神木隆之介演じる若手刑事・羽生虎夫の「新しいバディもの」が、ディープなドラマウォッチャーまで魅了し、回を重ねるごとに評価を上げている。

豪華ゲストの「無駄遣い」ネタも楽しいが、高評価に繋がっているのは刑事ドラマ定番の「犯人捜し」や「トリックの解明」より、真相の「切なさ」と、そこに迫るプロセスでの「心理描写」だ。

■犯人フラグに翻弄された序盤

(画像提供:(C)フジテレビ『刑事ゆがみ』

第1話の真犯人は、羽生の中学時代の同級生で再会に心躍らせていた、委員長こと駅員・坂木望(杉咲花)。

真相に辿り着くまで、痴漢疑惑の男・沢谷(岡田義徳)や被害者・押田マイ(小倉優香)の友人である倉間藍子(大後寿々花)、沢谷の妻・薫子(小倉優子)など、次々と怪しい人物が容疑者となる。

しかし、羽生と望が“いい感じ”になるのと比例して、視聴者も「委員長に犯人フラグが…」コメントが増加。弓神のトラップに掛かり、羽生が望に手錠をかけるという「見たくなかった」切ない展開を迎える。

その過程には、「犯人であってほしくない」と思う羽生や、自分の正義を疑わない望自身にも、繊細な対応をする弓神の姿があった。

 

(画像提供:(C)フジテレビ『刑事ゆがみ』

そして第2話では、「事件ではなく、事故だった」という幕引き。中学校の国語教師・早杉千里(水野美紀)と、その教え子であり、教育実習をしていた大学生・打越将也(中川大志)の純愛が真相だった。

しかし、この回では多くのドラマファンを歓喜させた、前科3犯の怪しすぎる下着泥棒・郷亀哲史(斎藤工)がブラフとして登場。

(画像提供:(C)フジテレビ『刑事ゆがみ』

この郷亀のキャラクターが、アーティスト気質の意識高い系下着泥棒という、斎藤工のためにあるような役だっただけでなく、取調室で羽生と小学生男子よろしく互いに「バーカ! バーカ!」言い合うシーンには、悶絶する視聴者が続出した。

(画像提供:(C)フジテレビ『刑事ゆがみ』

また、シーンは短かったが打越の元カノ・森郁美役として、同じフジテレビ系ドラマ『民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜』で、藤堂誠(高橋一生)に呼び出される風俗嬢・莉子役でも話題の今田美桜が出演。

犯人「じゃない」出演者にも、かなり贅沢なキャストが多いことを印象付けた回だった。

 

■犯人捜しやトリックよりも

犯人は誰なのか? そこにウェイトを置いて観たのは、恐らく第2話くらいまで…という人は多いはず。

(画像提供:(C)フジテレビ『刑事ゆがみ』

第3話では、被害者だったとはいえ、聖人君子のような羽生の尊敬する元上司・真下誠(寺脇康文)巡査部長は、はじめから怪しい。

(画像提供:(C)フジテレビ『刑事ゆがみ』

また、事情があったとはいえ、真下に大怪我を負わせた犯人ということでは、堀田剛(柳俊太郎)の決め打ち。

この回でも、尊敬している真下を逮捕する羽生の気持ちを考えた弓神の行動が、薬で眠らせて現場に投棄(?)という暴挙であっても、優しさ感じさせる。

 

(画像提供:(C)フジテレビ『刑事ゆがみ』

第4話では、正当防衛を主張していたとはいえ、思い余って大山昇(姜暢雄)の殺人を計画した主犯は、堤祥子(高梨臨)。

婚約者を殺されたという立場だった、祥子の同僚・高遠玲奈(池端レイナ)は共犯者であり、突き飛ばした実行犯に。しかし、そこに至った理由について、同性愛といった単語を一切出さずに表現しきった点も巧みで、「きれいな百合回」として盛り上がった。

(画像提供:(C)フジテレビ『刑事ゆがみ』

なお、犯人二人の後輩OL役として登場した飯杉真澄(飯豊まりえ)が、「いるいる。こういう子」という演技でストーリーに厚みを出したほか、「絶対に無名な人でもよかったろう」な警備員役が前野朋哉という豪華布陣。

 

このあたりまでで、ファンはすっかり「今週の無駄遣いは?」ネタだけでなく、「犯人フラグより、ラストの心理描写」を楽しみにするモードに。

評価がグイグイと上がり始めたのは、こうした流れの中で、バディものとしての「新しさ」だけでなく、弓神が真相を解き明かす際に見せる優しさや繊細さに、「大きな魅力がある」と共通認識が広がった面も、ポイントとして挙げられるだろう。

 

■犯人よりも悪人が…

第3話では傷害事件の被害者が罪を犯していた、第4話でも殺された被害者が暴力的な行為をしていた――といった流れがあったが、第5話・第6話では視聴者がより鮮明に「なぜ罪を犯したのか?」を考えさせられる展開に。

(画像提供:(C)フジテレビ『刑事ゆがみ』

第5話では、娘を誘拐された被害者であるはずの宇津巻京子(板谷由夏)が、狂言誘拐の真犯人。共犯の政治家・菰野源三郎(品川徹)も、「なんかやってる」感が漂う。

(画像提供:(C)フジテレビ『刑事ゆがみ』

京子の夫・誠治を演じた丸山智己が、悪役や犯人役での出演が多かったり、誠治の不倫相手である秘書・音島カレン(桜井ユキ)が思わせぶりなセリフを言ったりしたが、ここに犯人フラグを感じていた人は少なかった印象。

しかし、この事件の引き金になったのは、京子自身の身勝手な側面もあるが、秘書・音島の京子に対する嫌がらせとしか言いようのない、ゲスな言動が多すぎ。これまでの全話を振り返って唯一、「悪さしたのに、お咎めが足りない」感がするレベルではないだろうか。

 

(画像提供:(C)フジテレビ『刑事ゆがみ』

さらに、最も多くの人が涙した回の真犯人は、第6話の星月光希(新井美羽)。

事前に公開されていたオフショットと、冒頭の貝取勝平(新田真剣佑)が刃物で刺されたシーンを照らし合わせて考えると、「これはもう、犯人を隠していないですね?」と思った人も少なくない。

(画像提供:(C)フジテレビ『刑事ゆがみ』

羽生がどこか「真犯人であってほしい」と考える、テンドーカンパニーの社長・天堂英里(MEGUMI)もいたが、犯人フラグよりも「じゃない」感が先行した。

(画像提供:(C)フジテレビ『刑事ゆがみ』

そして、被害者だけど1㎜も同情できないキャラクターだったのが、真剣佑が演じた貝取。わずか11歳の少女を「社会的に死亡」状態に陥れようとする、貝取のクズっぷりがハンパない。

その悪行を阻止しただけでなく、鉄槌を下した弓神・ヒズミ(山本美月)の裏バディにTLは大喝采だった。

 

■時代性を感じるテーマとチーム

このまま「犯人のやむにやまれぬ事情」の流れが続くかに見えた第7話では、一転して「SNSの闇」といった時代性を感じるテーマに。

さらに、放送と合わせてインスタを更新するといった仕掛けも、リアルタイムに視聴しているメリットを感じさせて高評価だった。

(画像提供:(C)フジテレビ『刑事ゆがみ』

そして事件は、服毒死した近江絵里子(りょう)が被害に遭った、ひったくり犯の引田久利(笠原秀幸)はいたものの、真犯人は早々に三枝優里(早見あかり)に絞られる。

また、テーマの新しさにプラスして、バディではなく、うきよ署強行犯係係長の菅能(稲森いずみ)を中心とした「チーム」の捜査だったこともポイント。

多々木(仁科貴)や町尾(橋本淳)が最初は事件性を否定しながら、菅能に隠れて(?)事件解決に奔走する展開も、観ている側のテンションを上げた。

 

一貫して、事件の真相が明らかになる時、弓神の優しさを感じるし、切なさが伴う。そこには、バディである羽生の想いや犯人に、いつの間にか共感している状況があるからだ。

刑事ものにおいて、ここまで全編にわたって「犯人捜し」「トリック解明」よりも、「罪を犯した側の心理描写」に重きを置いたものは、そうない。

「解決して、スッキリ」よりも「心理描写」で魅せる作品を成功させているのは、巧みな脚本と演出に加え、キャスト全員の表情や間合い、空気感といった表現力の高さが合わさり、総合的な条件が揃っている点が大きいだろう。

 

そんな魅力的な『刑事ゆがみ』も、今夜は終盤の第8話。

かつて弓神に逮捕されたことのある窃盗犯・猿渡愛実(市川由衣)に、何が起きたのか? また、弓神との組合せで、切なさが増さないことがない子供も登場することもあり、必見の回になることは間違いなさそうだ。

《これまでに配信した『刑事ゆがみ』記事一覧はこちら

・合わせて読みたい→SNSの虚構描いた『刑事ゆがみ』チェリート羽生が『オトナ高校』入学か!? 

(文/しらべぇ編集部・くはたみほ

この記事の画像(5枚)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu