「不器用な破壊王」女優・佐藤仁美の恋愛観、飲み姿がヤバすぎる 「異常」「ドン引き」の声も

『有田哲平の夢なら醒めないで』で女優・佐藤仁美が恋愛観と飲み姿を披露

「酒とタクシー代」で浪費する女優・佐藤仁美(38)が、28日深夜放送『有田哲平の夢なら醒めないで』(TBS系)で独特な恋愛観を語る。

さらにリアルな飲み姿を披露し、視聴者から驚きの声が上がった。

(画像は佐藤仁美Instagramからのスクリーンショット)

 

■独特の恋愛観

4年間彼氏がいない佐藤は、これまで「芸能人より水商売やってる人と付き合ってるほうが多かった。だいたい酒場で出会う」と明かす。

男性を選ぶ基準は「見た目じゃなくてノリ」としながらも、「細眉だと気になって、毎回『罰ゲーム』って聞いちゃう」「下唇の厚い男は要注意。愛情をあげる人だから重いって勝手に想像する」など外見へのこだわりも強い。

理想の出会いは「パチンコ店でナンパされたい」。喧嘩したらふざけて謝罪、「氷室京介のモノマネで謝って笑わせてほしい」と独特の恋愛観を告白した。

■実際の飲み姿は…

男日照りで酒浸りの佐藤が、奇跡的に気が合った番組男性スタッフと飲みに行くことに。

週4で通う歌舞伎町のバーで、焼酎の麦茶割とテキーラのショットを交互にグイグイあおり、男性スタッフお構いなしにスマホゲームに熱中。

サイコロゲームの罰ゲームで一気飲みをさせ大爆笑、静かにスマホゲームに熱中を繰り返し、テンションの乱高下が激しい姿を見せる。男性と2人で飲みに行ったのに、最後は常連客とカラオケで大騒ぎして終わった。

次ページ
■不器用な破壊王

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ