しらべぇ

『民衆の敵』高橋一生演じる「ワタナベさん」が風俗嬢に身バレも…

『民衆の敵』高橋一生演じる藤堂誠のもうひとつの顔・ワタナベさんがデリ嬢に身バレ!

エンタメ

『民衆の敵』

27日、篠原涼子主演月9ドラマ『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』(フジテレビ系)の第6話が放送された。

篠原涼子演じる主人公の新米市議・佐藤智子がついに市長になったこの回を振り返ろう。

 

■これまでの『民衆の敵』

『民衆の敵』は、団地に住む主婦の佐藤智子(篠原涼子)がひょんなことから市会議員選挙に出馬することになり、当選して政治を変えるべく奮闘していくストーリー。

第1話では選挙戦が、第2話では議員生活のスタートと公園をめぐる廃止論争が、第3話では誘拐事件の裏に隠された貧困・シングルマザー・地域のセーフティーネットなどの題材が、第4話では「こども食堂」の開設をめぐるエピソードが、そして先週放送の第5話では市長の不正とその後が描かれた。

《これまでに配信した『民衆の敵』記事一覧はこちら

 

■市長になったのはいいが……

第6話ではこれまでのような大きな事件はなく、智子が市長選挙に出馬を決め、選ばれるまでが描かれた。

すっかり信用を失った市長・河原田。しかし、市議会のドン・犬崎和久(古田新太)率いる犬崎派が推薦したのは不人気議員の前田康(大澄賢也)で、なんとも盛り上がらない闘いに。

しかし、犬崎の目論見はその先にあった。あえて最初盛り上がらない選挙と見せかけておいて、智子を担ぎ出し、一気に票を奪おうとしたのだ。

もともと家族のために市議会議員になった智子。夫の公平にもそのことを指摘されるが、政治で世の中を良くできることをすでに知っている智子は結局市長選に。

しかし当選後、犬崎は主要ポストに自身の側近を配置する。

 

■ワタナベの正体に気づいていたデリ嬢・莉子

操り人形になりつつある智子が今後どうなるか気になる一方で、高橋一生演じる藤堂誠のもうひとつの顔・ワタナベさんにも新たな進展が。

デリヘル嬢の莉子(今田美桜)と逢瀬を重ねていたワタナベ。普段はボロアパートで会うだけだったが、この日はホテルの高級レストランで食事する一幕も。

その後、兄の勧告もあって莉子に会えなくなることを伝えたワタナベこと藤堂。すると莉子は藤堂の名を呼んだ上で、応援の意を表明したのだった。つまり、彼女は正体に気づいていて、黙って会っていたらしい。

これらのシーンに、ネット上では大きな反響が。「むしろワタナベのストーリーが観たい」という声まで確認できる。

一方、「これでワタナベさんも見納めか」「莉子ちゃんだけじゃなく、私たちもワタナベさんに会えなくなるの?」などの声も。

「ワタナベロス」とまで言うとさすがに大げさかもしれないが、もし可能であればサイドストーリーなんてものがあっても良さそうだ。

 

■秋ドラマ俳優セクシーランキングで2位に

しらべぇ編集部では秋ドラマの放送開始に際し、20名以上の出演者の中から「秋ドラマ俳優セクシーランキング」を作成。その結果、高橋は見事2位にランクインしていた。

もうワタナベさんと会うことはないのだろうか? 個人的には莉子が週刊誌にワタナベセクシー写真を売って、一騒動起きればドラマとしても面白いと思うのだが……。

《これまでに配信した『民衆の敵』記事一覧はこちら

・合わせて読みたい→『民衆の敵』高橋一生のタバコ姿に大反響 「副流煙吸いたい」との声まで

(文/しらべぇ編集部・クレソン佐藤 画像提供/(C)フジテレビ『民衆の敵』)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年9月29日~2017年10月2日
対象:全国20代~60代の男女580名(有効回答数)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu