しらべぇ

批判殺到の「白鵬のバンザイ」にマツコ「間違いじゃない」 視聴者は賛否

『5時に夢中』で、40回目の優勝を果たした白鵬の「バンザイ」に関して、マツコ・デラックスが持論を展開

エンタメ

連日、報道が過熱する「日馬富士の暴行事件」。

事件の影響を受け、現場に居合わせた渦中の横綱・白鵬(32)が大相撲九州場所で行った「バンザイ三唱」に批判が起きている中、27日放送『5時に夢中!』(TOKYO MX)内でマツコ・デラックス(45)が持論を展開。

視聴者からは賛否が起こっている。

 

■「バンザイ」に理解

40度目の優勝を飾った白鵬は、表彰式恒例のインタビューで日馬富士の暴行事件を謝罪。その後、自ら音頭をとって「バンザイ三唱」で締めくくったのだが、暴行現場に居合わせた白鵬のこの行動に批判が起きていた。

マツコは「あの場で適切だったかどうかは別として、観に来ていたお客さんに関してだけ言えばスゴいサービスだった」と語る。

さらに、批判する意見を踏まえた上で、「あの場では間違いじゃなかった」と理解を示した。

 

■報道への懸念

また加熱する報道に関しては、「白鵬関が事情聴取を受けて、警察から答えを出してもらわない限りは予想で喋るだけになる。ただ、警察の回答があればまた大騒ぎになる」と懸念を口にする。

合わせて、被害者の貴ノ岩(27)が師事する貴乃花(45)親方についても言及。

「親方って、いい意味でも悪い意味でも本当に変わっている人だと分かった」としながら、「ものスゴい信念の下でやられてるんだろうけど、もうちょっと上手くやればいいのに、勿体ない」と評した。

 

■視聴者は賛否

様々な証言が入り乱れ、未だ全容が見えない暴行事件。これまでも「かわいがり」が問題視されてきた相撲界だけに、ファンの不信感は大きい。

白鵬の行動への批判が目立つ中でのマツコの持論に、視聴者も敏感に反応し賛否が巻き起こっている。

■74.4%が「空気を読むべき」

しらべぇ編集部で、全国20〜60代の男女1,342名に「空気を読むことについて」調査、全体74.4%が「読まないといけない」と回答した。

空気は読まなければいけない性年代別グラフ

当事者ではないが現場に居合わせた白鵬は、40度目の優勝という偉業を達成したといえど、空気を読むべきだったのだろうか。

大相撲の体質そのものに疑問が生まれた事件だけに、このままでは現在の「相撲人気」に悪影響を与えるのは想像に難しくない。どのような形になったとしても、早期の事件解決が望まれる。

・合わせて読みたい→ビートたけしが目撃した相撲部屋の実状を激白 「大鵬も半端じゃないと言ってた」

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ イラスト/ミキシマ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年6月2日~2017年6月5日
対象:全国20代~60代の男女1,342名 (有効回答数)

この記事の画像(1枚)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu