「仕事もプライベートも色濃い」三浦春馬 今年一番の思い出は…

伊藤園のイベントに出演した三浦春馬。口切りの茶事を体験し、抹茶を飲んで笑顔に。

27日、「伊藤園 旬の抹茶“口切り”PRイベント」が行なわれ、俳優の三浦春馬が登場。

 

■「凛と引き締まる」

今が抹茶の旬であり、その年に摘まれた旨み豊かな新茶を茶壺の中でじっくり寝かせ、冬の訪れと共に茶壺の封を切る――その「口切りの茶事」を実際に体験することに。

 

まずは、小刀で茶壺の封を切り…

石臼で挽き、粉に。

そして、お抹茶にして味わう!

 

気持ち的にも、凛と引き締まる…と話す。

 

■今年の思い出は、マネージャーとの旅

三浦自身の今の旬は? と問われ、答えたのは「お蕎麦」。

「最近お蕎麦を食べることが(自分の中で)流行っていまして、撮影中のドラマでご一緒している先輩も、お蕎麦通で。

 

彼の行きつけのお店を何軒か…8軒くらいかな、教えていただきまして。現場の合間や休日に回らせてもらうことが流行っています」

 

今年を振り返り、「どの作品もどのプライベートの瞬間も色濃く残ってる」と話す三浦。

その中でも、一番の思い出は「マネージャーとの2人旅」だそう。

「8年間くらいサポートしていただいているマネージャーと、2人きりでプライベートでマネージャーの故郷に行きまして。今後の仕事やプライベートについて普段話せないような話をきちんと話すことができました。

 

地元の自然に触れたり、スキューバをしたりしながら、すごく有意義な時間を過ごさせていただいて。とても貴重な時間でしたね」

 

■来年の抱負は「練」

来年の抱負を問われ、漢字一文字で「練」と答える三浦。

「今年も多くのことを学ばせていただいて。今年触れさせてもらったことを、練っていければ、練習していければ」

 

と語る。

来年は仕事でもプライベートでも、「練った」姿に期待したい!

・合わせて読みたい→大ぶりな牡蠣が入ったつけそばが絶妙な人形町の立ち蕎麦屋

(取材・文/しらべぇ編集部・たつき あつこ

この記事の画像(11枚)

あなたにオススメ