しらべぇ

子供へのクリスマスプレゼント準備は11月中に? 元店員の意見に共感の声

クリスマスプレゼントをめぐる、元玩具店店員のリアルなツイートが話題に。

ライフ

(Halfpoint/iStock/Thinkstock)

11月も終わりに近づき、世間はすでに年末ムード。12月のビックイベントである「クリスマス」を控えたこの時期に、元玩具店店員のあるツイートが話題になっている。

 

 ■早めの準備が大切

クリスマスプレゼントの購入は、早めに済ませてほしいと述べる投稿主。12月では在庫もなくなり、どこの店でも買えなくなるケースがあると訴えている。

 世のサンタさん=お父さんたちがクリスマス直前に、おもちゃ屋や量販店で行列を作ることは、もはや恒例行事。しかし、目当てのものが買えず、しまいには高額な転売業者から買う羽目になる人までいるという。

 

 ■なかなか難しいとの声も

このツイートに対し、

 

 

 

やはり玩具販売の関係者から、多くの共感コメントが。

 一方で、プレゼントを用意する側の親たちからは、「早めの購入は難しい」という意見も少なくない。  

 

 

■サンタへの手紙の対応策

事前の準備が困難といった声に、投稿主は自身の家庭でも実践している「サンタへの手紙」を推奨。

欲しいものをあらかじめ手紙に書くことで、クリスマス当日時点での希望と異なるプレゼントであっても納得し、素直に受け入れてくれるという。

 このルールに対し「我が家でも真似したい」「教育としてもいい」と、そのアイデアを支持する声が多いようだ。

 

 ■好みと違うプレゼントの経験者は…

しらべぇ編集部では、全国の20~60代の男女1,363名を対象に「趣味に合わない物をもらって困ったことがある」人の割合を調査したところ、62.3%と過半数が経験ありと回答。

 本当に欲しいものをプレゼントし、我が子の喜ぶ顔が見たいのが親心。そのためにも、「サンタクロースへの手紙」をはじめ、ほしいプレゼントを早めにリサーチするのがオススメだ。  

・合わせて読みたい→サンタの代理人たる大人たちはどこにプレゼントを隠したか

(文/しらべぇ編集部・ステさん

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年2月24日~2017年2月27日
対象:全国20代~60代の男女1,363名(有効回答数)

この記事の画像(2枚)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu