しらべぇ

「寿命」が売り買いできるとしたら? 「ボケて生きるより…」の声

もし、自分の命を1年単位で売買できたら…いくらもらう?いくら払う?

ライフ

(kazoka30/iStock/Thinkstock)

もしも命がお金で売買できるとしたら。

いくら積まれたら、自分の「寿命」を他人に譲るだろうか。いくら払って、自分の「寿命」を延ばすだろうか。

 

■もしも1年を売るなら…

そこで、しらべぇ編集部では全国20代〜60代の男女1,354名を対象に「寿命」について調査を実施。

1年分を売るとしたら? の問いには、「売りたくない」が半数以上に。

「売ってもいい」と答えている人でも、20.0%は1億円、14.8%は1,000万円と軒並み高額だ。

「1億円なら、ちょっと心が動くかも。これから先、死ぬまで働かなくていいし。それでも、死ぬときに『本当だったら、あと1年生きられたんだよなあ…』って後悔しそう」(40代・男性)

 

「母親を看取りましたが、ボケた状態で生きるのって、本人も周囲も、ものすごく辛い。ああいう風に長生きするくらいなら、残りの命を全部売って、子供にお金を残してサクっと…と思わなくもない」(50代・女性)

 

■逆に、買うとしたら?

では、逆に1年分買えるとしたら、いくら払えるのだろうか。

やはり最も多かったのは、「買いたくない」の声。64.8%と、6割以上の人が寿命を延ばすことに積極的ではないのだ。買いたい人でも、一番多くて100万円と安めの金額。売るなら高く、買うなら安く、なのだろうか。

「もし、不慮の事故にあったりしたら、『あと1年でいい! いくらでも払う!!』と思うかもしれないけれど。今のうちから買っておきたいとかは思わないなあ」(20代・男性)

 

特に女性は、男性よりも10ポイント以上も「買いたくない」と回答している。

「今、女性の平均寿命が87歳じゃないですか。そこまで長生きしたら、1年増えても変わらない気がするんですよね。お金を払ってまで、これ以上増やしたい…とは思えないです」(60代・女性)

 

「もう子供も成人したし、増やす意味はないかなと。寿命だったんだな、と受け入れます」(50代・女性)

 

自分の命をお金に変える…そんなことは「考えることすらありえない」のかも。

・合わせて読みたい→会社選びなんて運ゲー? 寿命を縮めながら仕事をしないための方法

(文/しらべぇ編集部・たつき あつこ

この記事の画像(4枚)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu