「子供のゲーム売る」「酒のつまみにみそ汁」 FUJIWARA原西のケチっぷりがスゴイ

『さんまの向上委員会』でFUJIWARA・原西孝幸のケチっぷりが明らかに…

「持ちギャグは1兆個」、芸能界きってのギャガ―として人気のFUJIWARA・原西孝幸(46)のケチっぷりが話題だ。

25日放送『さんまのお笑い向上委員会』『めちゃ×2イケてる』(共にフジテレビ系)にFUJIWARAが出演。原西のケチエピソードが明かされた。

(画像はフジテレビ公式Twitterからのスクリーンショット)

 

■金欠時は「ゲームを売る」

小遣い月5万円の原西は芸人の間では「ケチ」で有名。相方の藤本敏史(46)は、「Tシャツも10年くらい着てて、生地がガーゼみたいになっている」と暴露すると、原西も「Vネックが最後Yネックになった」と語る。

金欠時には、子供や自分のゲームソフトを売却。ブックオフで古着が売れると知り「革ジャンが3,000円で売れた」と喜々として報告した。

さらに、後輩を家に呼んだ際は、比較的安価なパック酒と「ぬるいみそ汁」をつまみに出したと明かし、流石に「セコすぎる」と周囲が呆れる結果に。

 

■後輩芸人は賛否

公私ともに親交のあるキングコング・梶原雄太(37)は、「家族がインフルエンザになった際、うつらないよう後輩芸人の家に3連泊。御礼に3,000円を置いて帰った」と、後輩の立場から原西のセコさに詰め寄る。

しかし、同じく小遣い制の平成ノブシコブシ・徳井健太(37)は、「芸人の良い生活なんてみたくない。(原西は)カッコいい。ダセエ先輩の背中を見たい」と賞賛。

大多数の芸人は原西に否定的だったが、徳井だけは最後まで原西に賛同した。

次ページ
■嘆く原西

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ