しらべぇ

二流の学校は教師も二流? 『先に生まれただけの僕』郷原の切実な声

嵐の櫻井翔主演ドラマ『先に生まれただけの僕』。「レベルの低い学校だからこそ教師をやれている」と語る教師の声に、さまざまな意見が。

エンタメ

先に生まれただけの僕

毎週土曜日22時から放送中の櫻井翔主演ドラマ『先に生まれただけの僕』(日本テレビ系)。

民間出身の校長・鳴海(櫻井翔)の改革によって、生徒や学校、先生までもが変わっていっている本作。先週を軽く振り返りつつ、今夜放送の第7話の見所を見ていこう。

 

■抵抗勢力? 郷原先生にも変化

オープンキャンパスの成功などで評判が高まりつつある京明館高校。しかし、手応えの一方で公立高校のすべり止めというポジションは変わっていなかった。

さらなる改革を進めようとした鳴海(櫻井翔)は、保健室の先生である綾野(井川遥)の提言で部活の強化を思いつく。その後、副校長の柏木(風間杜夫)とともに銀行へ行き、融資してもらうことに。

その後、行われた学校説明会。「予備校に行かなくても四年制大学に行けるか?」「不登校の生徒にも合格のチャンスはあるか?」など厳しい質問を経て、新しい先生が何人来るのかを尋ねられる。

すると鳴海は生徒と向き合えない先生1人はすでに退職してもらっているものの、今いる先生はそうでないと信頼の気持ちを明かす。

これにはそれまで自身を「レベルの低い学校だからこそ教師をやれている、二流大学の出身」という風に形容していた物理教師の郷原(荒川良々)にも響いたようで、変化の兆しが見られることに。

 

■オトナ世代の視聴者も「自分事」に

学校を舞台にした作品でありながら、生徒目線で描くだけでなく大人たちのそれぞれの事情をも嫌味なく含んでいる本作。

ある程度の年齢に達し自分の能力の限界が見え、理想だけでは片付けられない物事が多くなる。そんな人が見れば簡単には批判できない郷原先生をめぐるストーリーに、ネット上ではさまざまな声があがっている。

オトナの視聴者も釘付けにしていると言えるだろう。

 

■生徒の結婚願望とどう向き合う?

ますますこの先の展開が楽しみな『先僕』。今夜放送の第7話のあらすじをチェックすると……

学校説明会を成功させ、来年度の入学志願者増加に手応えを感じる鳴海(櫻井翔)。しかし学校運営に夢中になるあまり、鳴海は聡子(多部未華子)と会っていても学校の話ばかりするようになっていた。

 

一方、ちひろ(蒼井優)は2年3組の三田ほのか(山田佳奈実)の母親・真咲美(神野三鈴)から、ほのかから卒業後大学進学をせず結婚したいと告げられ困っていると相談を受ける。しかも、相手はほのかより12歳年上の男性であった。

 

ちひろは、鳴海と柏木(風間杜夫)に報告。鳴海とちひろはほのかから話を聞くも、ほのかの決意は固く、相手の男性も結婚を真剣に考えているようだったが、鳴海は二人の結婚は間違っていると感じていた。

 

その頃、加賀谷(高嶋政伸)は、鳴海と聡子の仲を引き裂こうと策略を巡らせていた。加賀谷の企みを察した聡子は鳴海にそのことを伝えようとするが、そんな折、聡子は街で偶然ちひろを目撃する…。

 

……と、ここにきて生徒の結婚エピソードが展開される模様。なにかと不安なこのご時世、結婚することで保険を得ようとする女性は決して少なくないが、それを踏まえてのストーリーだろうか。

 

■「結婚したら幸せ」はもう古い?

sirabee0220ookiakikokekkonn002

しらべぇ編集部では以前、全国20〜60代の未婚男女618名を対象に「結婚したら幸せになれると思うか」調査を実施。その結果、全体で15.0%の人が「そう思う」と回答。

結婚をめぐり、鳴海はどんな考えを述べるのか? その弁舌に今夜も期待大だ。

《これまでに放送した『先に生まれただけの僕』記事はこちら

(文/しらべぇドラマ班・クレソン佐藤 イラスト/ミキシマ

・合わせて読みたい→櫻井翔主演『先僕』気になる三角関係? 今夜放送の第6話は波乱の予感

(文/しらべぇ編集部・クレソン佐藤

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年1月20日~2017年1月22日
対象:全国20代~60代の未婚男女618名

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu