SNSの虚構描いた『刑事ゆがみ』チェリート羽生が『オトナ高校』入学か!? 

他局ドラマ『オトナ高校』ネタが繰り出され、公式同士がまさかのやり取り

(画像提供:(C)フジテレビ『刑事ゆがみ』

浅野忠信演じる刑事・弓神適当と、神木隆之介演じる若手刑事・羽生虎夫のバディを軸に、魅力的なキャストと豪華ゲストで盛り上がる『刑事ゆがみ』(フジテレビ系)。

23日、りょう、早見あかりらがゲスト出演し、第7話が放送された。

■虚構のリア充SNSが

(画像提供:(C)フジテレビ『刑事ゆがみ』

菅能(稲森いずみ)の親友・近江絵里子(りょう)が服毒死。前夜、大学時代の同窓会に出席した菅能は、そこで久しぶりに絵里子と再会していた。

絵里子が自宅マンションで死亡したのは菅能と別れた直後で、発見者は警察官。実は絵里子は、1か月前に300万円をひったくられており、その件で確認に来たのだという。死因は青酸カリによる服毒死と思われた。

(画像提供:(C)フジテレビ『刑事ゆがみ』

現在の彼女は一流デザイン会社の管理職で、来年にも年下のイケメン実業家と結婚する予定。SNSにアップされた幸せそうな写真を見せられた菅能は、「裏切り者。若い男になびきやがって」と言いながらも、彼女を祝福したばかり。

多々木(仁科貴)や町尾(橋本淳)は自殺の可能性を指摘するが、絵里子が自殺するはずはないと考えた菅能は、交友関係を徹底的に洗うよう指示し、弓神(浅野忠信)や羽生(神木隆之介)らうきよ署強行犯係は、事件として捜査する。

(画像提供:(C)フジテレビ『刑事ゆがみ』

すると、絵里子は左遷されたことがきっかけで、3ヵ月も前に会社を辞めていたことが判明。やがて、最近絵里子と親密だった三枝優里(早見あかり)に辿り着く。

絵里子がSNSにアップしていた画像の数々は、リア充代行サービスを利用した「盛り」写真であることが発覚。青酸カリも絵里子が闇サイトで購入していたことが判明し、菅能も事件ではなく自殺と判断する。

(画像提供:(C)フジテレビ『刑事ゆがみ』

しかし、弓神はヒズミ(山本美月)が見つけた裏アカウントから、優里が、絵里子がひったくり被害に遭った1か月前から、ブランド品を買うようになったこと、絵里子が不自然に短い爪だったことなどから、捜査を継続。

羽生に加え、多々木・町尾も積極的に協力して、犯行のアリバイトリックや証拠を確保し、犯人の優里を逮捕する展開だった。

 

■美女たちの共演と元アイドル設定に

絵里子役で出演したりょうは、菅能役の稲森いずみと大ヒットドラマ『ロングバケーション』(フジテレビ系)以来、21年ぶりの共演。

美しい大人の女たちの神々しさに、称賛コメントが続出する。

もちろん、あの名作ドラマを思い出す人たちも。

 

(画像提供:(C)フジテレビ『刑事ゆがみ』

そして、もう一人の美人ゲスト、犯人・三枝優里役で登場した早見あかりが、元アイドルの設定。ちょいちょい確信犯的な要素が入っていて、反応しまくる人が多数出現する。

https://twitter.com/mukuro_yui/status/933688178174713856

しかも、犯人として菅能から語りかけられる場面には、盛大なツッコミが…。

第2話が「イケメン祭」だったが、今回は美人女優が集った「美女祭」だったといえそうだ。

次ページ
■ドラマ本編とInstagramが連動

この記事の画像(9枚)

あなたにオススメ