しらべぇ

座席を譲るときは要注意! 自分は若いと思っている60代以上の割合が…

人はいくつになっても、まだまだ若いと思いたいようだ。

ライフ

(kazoka30/iStock/Thinkstock)

「若さ」は、年齢で線引されることが多い。しかしとても曖昧であり、世代間でも意識が変わるのも事実である。

しらべぇ編集部では、全国の20代から60代の男女1,336名に「まだまだ自分は若いと思っている」かの調査を実施。

意外な年代が、「自分は若い」と思っていることが判明したのだ。

 

■40代から感じる体力の衰え

年代別では、当然ながら20代が半数以上と一番高くなっている。

自分は若いグラフ

40代から50代では4割を切り、自分が「若い」と思っている人が少なくなるのが興味深い。体力の衰えを感じ始めるのも、この年代なのだろう。

「30代の頃と比べて、一気に体力がダウン。肩が痛いから病院に行ったら『四十肩』って言われて、『年取ったな』ってしみじみ感じた」(40代・男性)

 

また、会社での地位も影響している。

「気がつけば、部下を持ち、大きな責任のある立場になっていた。自分が引っ張っていかないと…と思うから、若い気持ちではいられない」(40代・男性)

 

■60代以上でも「まだまだ若い」

しかし、なによりも驚きなのが、60代以上で。なんと42.0%もの人が「自分は若い」と思っているのだ。年齢的には明らかに年を重ねているのだが、なぜ若いと思うのだろうか。

「うちの母は70歳を超えているのに、『年寄りじゃない』と言い張っている。やっぱり女性だから、若くありたいと思っているのかな?」(40代・女性)

 

「電車で席を譲ろうとしたら『そんなに老いて見えるか? 年寄り扱いするな!』と怒られた。線引きが難しい」(20代・男性)

 

また環境によって、若者の定義が変わるようだ。

「定年退職をした父は、同じような環境にある人たちと新しい人間関係を築き始めた。たぶんその中では若いほうだから、勘違いするんだと思う」(30代・男性)

 

まだまだ「若い」高齢者が多いようだ。

・合わせて読みたい→人生100年時代の到来にマツコ「アッという間」 102歳女性は「長い」

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年9月29日~2017年10月2日
対象:全国20代~60代の男女1,336名 (有効回答数)

この記事の画像(2枚)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu