意識不明の男性をラブホに放置した女が逮捕 「不倫がバレる」供述に呆れ

ホテルの従業員同士の不倫関係。最悪な結末に様々な意見が……。

社会

2017/11/23 17:30

ラブホテル

不倫をしている当事者たちにとっては、不倫の事実を親族に知られることは絶対に避けたいところ。

しかしながら、事態の発覚を恐れるがあまり、とんでもない事態を招いてしまったという事件が報じられ、インターネット上が騒然となっている。

 

■不倫の発覚恐れ、意識不明の男性を放置

意識を失った男性をラブホテルに放置したとして、保護責任者遺棄の疑いでパート従業員の女性(51)が逮捕された。女性は「不倫がバレると思った」と容疑を認めており、男性(52)は搬送先の病院で死亡が確認された。

報道によると、今月22日午後、女性は兵庫県神戸市内のラブホテルにて男性と一緒に過ごしていたところ、男性が意識を失い、呼吸が止まったことに気づいていながら、そのまま放置した疑いがもたれている。

女性は意識不明となった男性を残してホテルを出ようとしたが、考えを改めホテルの従業員に「男性が意識不明なんです」と伝えたという。

不倫関係にあった男性と女性は同市内の別のホテルの従業員同士で、警察は男性の死因などについて調査を進めている。

 

■最悪な不倫の結末にネット民も絶句

不倫関係にあったことが大々的に報じられることとなったうえ、男性は死亡。不倫の最悪な結末とも言える事件に、女性向け匿名掲示板『ガールズちゃんねる』では、「家族がかわいそう」など2人を批難する声があげられている。

・不倫したジジババの末路

 

・もっと最悪なバレ方してもうたやん

 

・目の前の人(愛人)の命より保身を考えた51歳のおばさん、なんというか言葉が出ないわ

 

・ご家族が気の毒

 

・子供も大きいよね? そっちに同情するわ…

 

保身のために愛を見捨てる結果となった女性を批難する声もさることながら、両者の家族の気持ちを思い怒りの声をあげる人も。

 

■不倫系経験者は5人に1人

しらべぇ編集部が全国の20~60代男女1,340名を対象に「不倫をしたことがあるか」どうか調査を行ったところ、全体で約2割にあたる19.9%の人が「はい」と回答した。

「5人に1人」と考えると、不倫は決して他人事ではない。

男性の死因については現在調査中だが、不倫とは、時として最悪な結末を迎えるリスクも孕んでいることを、今回の事件は広く世間に周知したと言えるだろう。

・合わせて読みたい→不倫する人は「女性不信」で「足が臭い」?調査から見えた4つの傾向

(文/しらべぇ編集部・もやこ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年1月22日~2016年1月25日
対象:全国20代~60代の男女1340名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ