『とくダネ!』着ぐるみの労災認定を放送 「祝日の朝には止めて」と批判の声も

『とくダネ!』に批判が殺到

テディベア
(catalinr/iStock/Thinkstock)

23日に放送されたフジテレビ系情報番組『とくダネ!』では、東京ディズニーランドでパレードに出演していた女性の労災認定がテーマに。祝日の放送にネットでは批判が殺到している。

 

■着ぐるみが原因で労災認定

来場者の楽しむ姿や笑顔を見たいとディズニーランドのキャストを夢見る人も世の中には多くいるようだ。そんな中、28歳の契約社員の女性が、着ぐるみが原因で神経や血流の傷害で痛みが出る胸郭出口症候群を発症。

船橋市の労働基準監督署は、重さ約10キロの着ぐるみを着用し、昨年11月から12月で45分のパレードに50回主演したことを考慮して過重労働が原因として労災を認定した。

事故による怪我でなく、着ぐるみが原因となる異例の労災認定に出演者は…

小倉智昭:ひと昔前なら、労災に至らなかったケースかもしれないですよね。かなり進んでますね

 

古市憲寿氏:これは、着ぐるみと言ってもいいんですか? ディズニーファンは怖いですよね。着ぐるみじゃないって…

 

と、対応を称賛する一方で、ディズニーファンからの批判を心配する声があがった。

 

■古市氏の予想通り

ネットでは社会学者の古市氏が予想したように批判が殺到している。

次ページ
■朝に見るテレビ局は?

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ