道路陥没事故の映像は善意の無償提供 「そんな時だけ善意」と有吉・マツコ疑問

『マツコ&有吉かりそめ天国』で一般人による映像の無償提供に言及。マツコと有吉が怒りを滲ませた

2016年11月に起きた「博多駅前道路陥没事故」では、映画のように道路が崩れ落ちる衝撃的な映像が、各テレビ局で取りざたされた。

しかし、連日のように何度も放映されたにも関わらず、この映像を撮影した一般人が「無償でテレビ局に映像を渡した」と22日放送『マツコ&有吉かりそめ天国』(テレビ朝日系)で明かし、波紋を呼んでいる。

 

■「博多駅前陥没事故」映像は無償提供

「薄暗い夜明け前、愛犬との散歩中に陥没事故に遭遇。無我夢中で動画と静止画を撮影した。その後、新聞記者から『動画を使いたい』と連絡があり快諾。さらに各局から依頼があった」と撮影者は明かす。

この映像はいくつもの「映像賞」を受賞するなど、大きな反響を得たが、全て「無償」。その点に有吉弘行(43)とマツコ・デラックス(45)が噛みつく。

 

■無償提供に疑問

「ちゃんと(使用料を)お支払いしているんですか。どうせ、勝手に規定を作っているんでしょ」と2人が詰め寄ると、「善意の提供」を強調。「そんな時だけ、善意って」と批判した。

マツコが「せめて菓子折りを持ってお礼に行ったの?」と疑問を口にすると、有吉が「最終的には賞状一枚ですよ」と同調。「あとはメールでやりとりか!」と怒りを爆発させる。

6つの賞で総額150万円を獲得したとはいえ、「あのコスられ方で(150万円は安い)。一般の方がたまたま賞をとれたから(まだ)回収…できたかは微妙だけど」と不満は止まらない。

ただ、「みんなが報道カメラマンになる」危険も口にする。「人助けする前にずっと撮ってる人がいる。ああいうのがいるから暗に褒められない」と有吉は持論を展開した。

次ページ
■視聴者は驚き

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ