しらべぇ

世界一のプロゲーマー「ときど」に『笑ってコラえて』が密着 eスポーツに注目高まる

『1億人の大質問!? 笑ってコラえて!』でプロゲーマー・ときどに密着

エンタメ

オリンピック正式競技候補と目される「エレクトロニック・スポーツ(eスポーツ)」は、対戦型のコンピューターゲームで勝敗を争う新しい形のスポーツだ。

22日放送『1億人の大質問!? 笑ってコラえて!』(日本テレビ系)で日本人プロゲーマー・ときど(32)氏に密着。これまでeスポーツを知らなかった層からも大きな反響が起こっている。

(画像はときどTwitterからのスクリーンショット)

 

■プロゲーマー・ときど

欧米やアジアでは、eスポーツは賞金総額10億円の「世界大会」も開催されるメジャーな競技。年収1億円を超えるプロゲーマーも存在するなど、憧れの職業のひとつに挙げられることも珍しくない。

日本はeスポーツの主流・格闘ゲームの先進国でありながら、一方で認知度は低い後進国。その中で「ときど」氏は数々の世界大会で優勝経験を持つ、日本を代表するプロゲーマーの1人だ。

小学生の頃、ゲームに出会い、中学生になるとゲームセンターで「格闘ゲームで勝てる公式」を発見する。この時期、「飛んで、キックして、どうしたぁ(とキャラクターが叫んで技を出す)」を繰り返していたため、「ときど」を名乗るようになった。

 

■世界大会で優勝

2002年に、現在は入場者が1万人を超える世界屈指の格闘ゲーム大会にまで成長した『Evolution(EVO)』に参加。17歳で初出場初優勝、鮮烈な世界デビューを果たす。

東京大学卒業後、大学院に進むが希望の研究に携われず挫折。その時、日本人初のプロゲーマー誕生を知り自身もプロに。数多くの世界大会で優勝を重ねた。

しかし再び挫折が訪れる。「勝てる方程式」に従い、同じことを機械的に繰り返すときど氏に「つまらない」と批判が殺到。動きを読まれ格下の相手にも勝てなくなった。

その状況を打破するため、ときど氏は、世界基準となる格闘ゲーム『ストリートファイター』(CAPCOM)シリーズ1本に絞りこんで練習を重ねる。

オンライン上で1人でプレイしてきたが、実際に仲間を交えて意見交換を行い自身の足りないものを補う。10時間以上になることもある大会を想定しジムに通うなど、努力を重ね、再び世界一に返り咲いた。

 

■eスポーツに興味を持つ視聴者続出

「ゲームを通じて人間は成長できると言えるような、(後進を)導けるプレーヤーになりたい」、ときど氏は将来を見据える。

ときど氏やプロゲーマーの存在を知った視聴者は興味を覚えたようだ。

オリンピック正式競技として注目を集めたとはいえ、まだまだ世間のeスポーツの認識は浅い。今回の放送やときど氏の活躍で、eスポーツの認知度が高まったことは間違いない。

 

■4割以上が「スマホゲームは時間の無駄」

しらべぇ編集部で全国20~60代の男女1,365名を対象に「スマホゲームは時間の無駄だと思う」かどうか調査、全体の43.7%は「無駄だ」と回答した。

eスポーツは据え置き型ゲームのため、スマホゲームとは異なるが、「ゲーム」イコール「幼稚」と考える人は少なくないようだ。

野球やサッカーと同じように、才能と努力で結果を出すスポーツ。ゲームを幼稚と捉えるのは、あまりにも時代遅れなのかもしれない。

・合わせて読みたい→「ゲームは1日20時間」 ネトゲ廃人が『ねほぱほ』で実生活を赤裸々に語る

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年9月23日~2016年9月26日
対象:全国20代~60代の男女1365名(有効回答数)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu