しらべぇ

私だけ誘われてない…SNSのせいで落ち込んだ理由に共感

同級生の経年劣化を、SNSで知ることも。

人間関係

SNSで落ち込む

(©ぱくたそ)

もはや、生活の一部となっている人も多いSNS。楽しいこともあれば、ときにはつらい思いをすることも…。

しらべぇ編集部では、全国20〜60代のSNSを利用している男女660名に「SNSの利用について」の調査を実施。

「SNSが原因で落ち込んだ経験がある」と答えた人は全体で30.6%で、やはり一定数はいるようだ。

 

■飲み会に誘われず…

年代別で見ると、若い人ほどSNSで落ち込んだ経験が多い印象である。

SNSで落ち込むグラフ

SNSでは、知り合いの近況をすぐに知ることができる。しかしそんな部分は、ときに人を傷つけることも。

「大学時代の友達が、みんなで飲みに行った画像をアップしていた。楽しそうだけど、私だけ呼ばれてなくて…」(20代・女性)

 

悪気はなかったとしても、気分がいいものではない。

 

■イケメン・美人が、おじさん・おばさんに

Facebookは実名登録のために、懐かしい人たちとの交流も生まれる。

「Facebookを始めたときに、中学や高校の同級生とも何人か友達になった。まったく会っていなかったので、プロフィールやタイムラインの画像にびっくり!

 

体育会系のイケメンは太ったおじさん、中性的なイケメンはひょろひょろのおじさんに。モテた女の子もおばさんになって。老けたのは自分だけじゃないと、ショックと同時に安心感もあった」(40代・女性)

 

時間の経過とともに、イケメンや美人ではなくなってしまう人が多いようだ。

 

■知らない人から「ブス」呼ばわり

SNSの書き込みは、インターネット上で不特定多数に見られるものである。しかし他人に見られている意識が薄い人も多い。

「あるアイドルのイベントに行き、家に帰ってからTwitterで検索して他の人の感想をチェック。そしたら髪型やファッションなど、明らかに私のことを指して『ブス』と書かれていた。

 

なにもしていないのに、全く知らない人から容姿批判をされるとは」(20代・女性)

 

SNSのせいで落ち込む…と感じたら、一度、距離を置いてみるのもいいかも。

・合わせて読みたい→不快な投稿にイライラ…SNSで巻き込まれた面倒ごと3選

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年9月29日~2017年10月28日
対象:全国20代~60代のSNSを利用している男女660名 (有効回答数)

この記事の画像(2枚)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu