しらべぇ

忙しいアピールにイラっ! 職場の同僚とSNSで繋がるデメリット4選

職場の同僚とSNSで繋がると、思わぬデメリットが発生することも…

ビジネス

(sunabesyou/iStock/Thinkstock)

FacebookやInstagramなど、SNSの利用率増加が目覚ましく、利用していない人のほうが珍しいといわれるほど。ビジネスでも、名刺代わりのような形で、友達申請するケースが増えていると聞く。

また、職場の同僚とも繋がりを持っていることも多くなっているようだ。仲を深めるためのツールになるが、知られたくない情報もわかってしまうだけに、断ることもあるだろう。

職場の同僚とSNSで繋がっている人は、どれくらいいるのだろうか?

 

■職場の同僚とSNSで繋がっている?

しらべぇ編集部では全国の20代~60代の会社員・公務員524名にSNSの利用状況について調査を実施。

結果、20代の4割が「職場の同僚と繋がっている」と回答。やはりデジタルネイティブ世代ほど、仕事の同僚とSNSで繋がることに抵抗を感じていない。

 

■職場の同僚とSNSで繋がるデメリット4選

職場の同僚とSNSで繋がることは「やめたほうがいい」と主張するのがSさん(30代)だ。そのデメリットを挙げてもらった。

①ズル休みがバレる

「会社には体調不良ということにして、平日彼女とTDLに行ったことがあります。写真をFacebookに載せ、仕事関係の人は閲覧できないグループ設定にしたのですが、なぜかそれができていなくて…。

 

同僚からイイネが入っていて背筋が凍った。幸い、その人しか見ていなくて事なきを得たけど…」

 

②グチれない

「会社で感じている不満や愚痴を言いたいと思っても、同僚と繋がっているから、不用意に発言できない。誤解される可能性もあるし。

 

もう1つアカウントを作るのもなんだかしゃくに障るので、結局放置。会社の人なんか、繋がるんじゃなかったと思った」

 

③監視されている気がする

「会社の人と繋がっていると、なんとなく監視されているような不安に陥る。特に何も言われてはいないのですが…。

 

仲のいい同僚でも、プライベートは知られたくなかった。繋がったことを後悔している」

 

④同僚の忙しいアピールにイラっとする

「後輩が『仕事が忙しくて』とSNSに書いているけど、本当は能力不足で時間がかかっているだけ。なのに女性陣から『頑張って!』なんて書き込まれて。ふざけるなと。

 

あまりにもイラっとしたので、疎遠になりました」

 

職場の同僚とSNSで繋がることでメリットもあると思われるが、デメリットも確実に存在する。繋がるときは、十分注意する必要がありそうだ。

・合わせて読みたい→「転職した同僚」を気にしている人こそ高年収?SNS時代の転職活動とは…

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年4月21日~2017年4月24日
対象:全国20代~60代の会社員・公務員524名(有効回答数)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu