しらべぇ

仲間由紀恵の不吉な美貌 ゾッとするけど目が離せない『明日の約束』

襲撃犯はまさかのあの美少女だった? 衝撃の展開にネット騒然

エンタメ

(画像提供:(C)関西テレビ『明日の約束』

21日、井上真央主演の連続ドラマ『明日の約束』(関西テレビ・フジテレビ系)の第6話が放送された。

未成年の自死報道に対する、憶測での「いじめ認定」や、過剰な「犯人探し」、ネット上の「晒し上げ」に警鐘を鳴らす本作。

第6話では謎の一部が解き明かされ、登場人物の「別の顔」が次々と浮かび上がった。

 

■死んだ息子になりすましLINE送信

不登校の男子生徒・圭吾(遠藤健慎)がスクールカウンセラーの藍沢日向(井上)に告白した翌日に不可解な死を遂げ、日向がその真相を探っていくという本作。

この日の前半は、圭吾の母・真紀子を演じる仲間由紀恵の、ゾッとする毒親ぶりと衝撃発言が注目を集めた。

(画像提供:(C)関西テレビ『明日の約束』))

死んだ圭吾に「喫煙をバラされたくなければ(バスケ部で)ベンチ入りさせろ」と脅迫され、そのことがきっかけで不仲になったバスケ部のキャプテン長谷部(金子大地)。ネット上で「圭吾をいじめた主犯格」と名前を晒され、さらに何者かに襲撃されてケガをする。

今回の放送で、そんな長谷部のLINEに送られてきた圭吾からのメッセージ「僕は、先輩のせいで死にます。」は、じつは真紀子が送ったものだったことが判明する。

 

■ゾクッとする仲間由紀恵の名演技

「死後間もない息子になりすまし偽りのメッセージを送る」という罪深い行為を、恥じる様子もなく日向に告白した真紀子。

(画像提供:(C)関西テレビ『明日の約束』))

穏やかな表情で真紀子が語ったセリフは狂気に満ちている。

「私が送りました。それが圭吾の本当の気持ちだからです。あの子は遺書を残さなかった。誰のことも責めず、理由も言わずに命を絶ちました。あの子のことを一番理解している私が、気持ちを代弁して何がいけないんです?」

 

仲間の聖母のような美貌も相まって、背筋が寒くなる名演技は反響を呼んでいる。対する井上真央の、思慮深そうで悩ましげな表情も秀逸だ。

 

■通り魔はあの美少女だった?

後半のハイライトは、バスケ部の顧問とキャプテンを襲撃しケガをさせた犯人が判明するくだり。圭吾の幼馴染で、いじめにより自殺未遂経験のある香澄(佐久間由衣)だ。

かつて圭吾に「いじめっこを階段から突き落とす」という復讐を代行してもらったことに、恩義を感じている香澄。

彼女はネットの情報を鵜呑みにし「圭吾の死はバスケ部でのいじめが原因」と思い込み、バスケ部の顧問とキャプテンを襲撃したのだ。

(画像提供:(C)関西テレビ『明日の約束』

電話で日向に襲撃の真相を告白し、「警察に行こう」と言われるのを振り切って「あと1人」とつぶやく香澄。

「あと1人」の襲撃のターゲットが誰なのか、Twitter上でも仮説が飛び交っている。

 

■正義感と見る目のなさの最悪な組み合わせ

『明日の約束』第6話は、女性向け匿名掲示板『ガールズちゃんねる』でも注目を浴びている。

同作のスレッドでは、圭吾の死の原因をいじめと決めつけ学校を訴えようとする母親と、その相談にのる弁護士に対して下記のような書き込みが見られた。

「この弁護士さんは正義感が強いんだろうね~ 正義感が強いと人を見る目がないのは最悪の組み合わせなのに」

 

「いじめの主犯格」として長谷部の個人情報を晒す特定厨と、長谷部を叩くネットユーザー。それを信じて復讐する香澄。

まさに「正義感」と「見る目のなさ」の合せ技で、同作のツボを押さえた意見に思われる。

 

怒涛の展開で毒々しい謎の一部が噴出した今回。しかし、まだまだ謎は多く膿は出きっていない。

「善人に見えた人の悪い顔」と「悪人に見えた人の善い顔」という驚きも加わり、絶妙なスピード感とストーリー展開で視聴者を飽きさせない。

《これまでに配信した『明日の約束』記事一覧はこちら

・合わせて読みたい→いじめ主犯格への誤解が判明 『明日の約束』展開に「恐すぎる」の声

(文/しらべぇ編集部・星子

この記事の画像(4枚)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu