しらべぇ

若槻千夏、若者へ怒り「ズタズタにされた」 若槻の「おばさん化」に困惑の声も

『踊る! さんま御殿!!』に出演した若槻千夏が藤田ニコルら若者とのジェネレーションギャップを告白

エンタメ

グラビアやバラエティ番組で一時代を築いたタレント・若槻千夏(33)が、21日放送『踊る! さんま御殿!!』(日本テレビ系)に出演し、「若者へのジェネレーションギャップ」を告白。

かつては「若者代表」のポジションにいた若槻の告白に、視聴者から驚きの声が溢れている。

(画像は若槻千夏Instagramからのスクリーンショット)

 

■藤田ニコル「脱いでたんすか!」

「若い子は私がグラビアアイドルだったのを知らない」、悩みを吐露する若槻。

藤田ニコル(19)と共演した際に、若槻の過去の活躍をスマホで検索、グラビア時代の画像を発見され「げっ! 脱いでたんすか! マジ卍(マンジ)」と若者言葉で驚かれたという。

さらに卍に関して、女子高生達と写真を撮る時、「せーの、マジ卍」と流行の卍ポーズをとられ、1人だけ対応できず困惑したことも明かした。

 

■若者にズタズタにされた

若槻の若者への困惑は止まらない。復帰後、10代のファンが増えた若槻は写真を頼まれて「イラっとした」エピソードを語った。

「写真を撮ってもアプリで顔をネコみたい加工される」ため、「これなら誰でもよくね?」と首をかしげる。

また「スッピンの子は、自分を盛りたいから化粧アプリで撮る。化粧している私が厚化粧になって2丁目のママみたいになる」と不満顔。

それをエゴサーチするとハッシュタグが「若槻千夏、ウケるんですけど」になっており「ズタズタにされた」と若者への怒りを爆発させた。

 

■「若槻がおばさん世代」に驚愕

33歳になった若槻が10代の文化や流行に困惑するのは無理もないが、「若者代表」として活躍してきた若槻を知っている世代からすれば、その困惑する姿に驚きを隠せないようだ。

 

■30代の4割が「おじさん・おばさん」

しらべぇ編集部で全国20〜60代の男女1,365名に「おじさん・おばさんの自覚」について調査、30代で4割、40代では6割が「自覚アリ」と回答している。

年

自分では若いつもりでも、10代からすれば30代、40代、下手をしたら20代ですら「おじさん・おばさん」と感じるものだ。

30代の若槻も若者と接したことで「おばさんの自覚」を持ったのかもしれない。トーク技術の優れた若槻であれば、今後「おばさんキャラ」としても活躍できるのは間違いないだろう。

・合わせて読みたい→関東3位は埼玉か千葉か… 「池袋は埼玉」主張の若槻千夏に必死すぎて引く視聴者も続出

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年4月22日~2016年4月25日
対象:全国20代~60代の男女1,365名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu