しらべぇ

出川ガールで活躍の人気モデル・堀田茜「体を張って仕事をするの好き」

『CanCam』専属モデル・堀田茜と、大ヒット映画『シン・ゴジラ』を手掛けた樋口真嗣監督がイベントに登壇

エンタメ

21日、都内で『4K Ultra HDブルーレイ コンベンション』が開催され、そのトークショーにデジタルメディア評論家・麻倉怜士氏、モデルやタレントとして活躍する堀田茜、大ヒット映画『シン・ゴジラ』を手掛けた樋口真嗣監督が登壇した。

 

■高画質ってこういうことか

この日は、ブルーレイをイメージしたという、鮮やかな青いワンピース姿で登場した堀田。最新の4Kブルーレイによる美しい映像を観て、

「今までブルーレイで観て『これが最高級だ』と思って観ていたものの、さらに上で『高画質って、こういうことか』と圧倒された」

 

と興奮気味。

 

また、樋口監督は映像マニアであることを指摘されると、自嘲気味に

「こういう仕事をしているんで、残念ながら、そうですね。こういうのが好きでしょうがなくて、買うわけですよ。買う金欲しさに一生懸命仕事してたら、監督になっちゃったっていう」

 

と答えて、報道陣を笑わせたほか、「稼いだお金をほとんど、つぎ込んでいますからね」と強い調子で言う場面も。

また、これまでの映像機器の技術革新を振り返り、技術の向上があるごとに買い直したソフトについて、

「何度同じ『スター・ウォーズ』を買ったか? 何度同じ『サウンド・オブ・ミュージック』を買ったか?」

 

と、やや恨み節を交えつつ、マニアならではのトークで盛り上げていた。

 

■体を張る仕事が好き

『CanCam』の専属モデルとして、多くの女性から人気を集めている堀田。映画好きということで、ファッションの参考にしている映画女優を聞かれる場面も。

「昔のフランス映画とか、ビンテージっぽいものが好きで、『この女優さん』というより、その作品の全体の雰囲気を参考にしています」

 

また、ドラマ出演など、女優業も増えていることもあり、4Kブルーレイ作品で出演したいジャンルを問われると、「アクションに挑戦してみたいですね」と回答。

人気番組『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)の出川ガールなどで見せる様子から、バラエティでアクティブな印象があることをツッコまれ

「アクションとは、違いますよ!(笑)

 

でも、体を張って仕事をするのは、すごく好きなんで(アクション)やってみたいです」

 

と、重ねてアピールするなど、かなり本気でアクション作品にチャレンジしたいようだ。

モデルや女優として活躍する一方、若く、美しい女性の一人ということで、クリスマスの予定を問われるも、やはりお仕事。

「ごめんなさい。つまんなくて」と報道陣に謝りつつ、

「あんまりイベントに興味がないというか、あんまりこだわらないタイプなので、365日中の『ただの1日』という感じ」

 

と、キラキラしたモデル女子にしては、かなりアッサリサッパリしたキャラクターをのぞかせていた。

・合わせて読みたい→「腐った安達祐実」モデル・堀田茜は性格に難あり? 寂しい私生活告白

(取材・文/しらべぇ編集部・ステさん

この記事の画像(4枚)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu