しらべぇ

『るろうに剣心』作者が児童ポルノで書類送検…「新作楽しみだったのに」の声

『るろうに剣心』作者の和月伸宏が、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(単純所持)容疑で書類送検

ホビー

21日、実写映画化もされた人気漫画『るろうに剣心』の作者である和月(わつき)伸宏(本名・西脇伸宏)容疑者が、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(単純所持)容疑で書類送検されたと読売新聞が報じた。

人気漫画家が起こした突然の事件に、ファンには衝撃が走っている。

 

■小学校高学年から中学2年くらいの…

和月容疑者は10歳代前半の女児の裸が映った動画を収録した、複数のDVDを所持。性的な目的で18歳未満の子供の児童ポルノを所持・保管すると、1年以下の懲役または100万円以下の罰金が科される。

調べに対し、「小学校高学年から中学2年生くらいまでの女の子が好きだった」と供述しているという。

 

■18年ぶりに復活した直後

『るろうに剣心』は、今年9月4日発売の『ジャンプスクエア』で新連載「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-」が始まったばかり。今作は、妻である小説家・黒碕薫もストーリー協力として参加している。

18年ぶりの正統な続編に、ファンが喜びの声をあげた直後のこの事件。ネットでも、悲しみの声が上がっている。

連載中止だけでなく、「既刊も発売禁止になるのでは?」「アニメの放送もなくなるのでは?」と、心配する声も多い。

 

■「打ち切りもあり得るかも」

現在発売中の『ジャンプスクエア』12月号には、大きく緋村剣心(『るろうに剣心』の主人公)の姿が。

連載を含めた今後について、出版元である集英社から公式の発表はまだされていない。

しかし、さすがに厳しいのでは…という声が大半だ。他の大手出版社に勤めるコミック編集者にも、話を聞いてみた。

「当然ですが一旦休載、ほとぼりが醒めるまで最低でも1〜2年は(連載再開は)無理でしょうね。

 

出版社によっては一発でアウトの事案ですが、ジャンプ系の場合は、過去に連載中の漫画家が児童買春事件で逮捕。2年ほどインターバルをあけて、新連載を始めたことがあります。ただ逆に、それを思い出した人が余計に叩く――それによって、もっと延びるか、打ち切りもあり得るかも。

 

特に『るろうに剣心』は女子に人気の作品ですから、かなり騒ぎが大きくなる可能性が高いですね」(大手出版社コミック担当)

 

■中学生以下の異性に…

しらべぇ編集部が全国の20~60代男女1,365名を対象に調査した結果、わずかだが中学生以下の異性に性的興奮を感じる人がいると判明している。

ロリコン1

たとえ「性的興奮を感じる」性癖を持っていたとしても、犯罪は犯罪。それを抑える必要がある。

たくさんの人に迷惑をかけ、失望させた罪は重い。

・合わせて読みたい→実習中に女児の胸を触り口をふさぐ 強制わいせつで逮捕の大学生に批判の声

(文/しらべぇ編集部・たつき あつこ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年9月23日~2016年9月26日
対象:全国20~60代の男女1365名(有効回答数)

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集