しらべぇ

「下半身が乱れている」 アンジャッシュ・渡部建にダメ人間疑惑が浮上

『しゃべくり007』でアンジャッシュ・渡部建、児島一哉が出演。渡部の「ダメ人間」ぶりが話題に…

エンタメ

MC、美食家として活躍するアンジャッシュ・渡部建(45)だが、ポンコツと呼ばれる相方・児島一哉(45)に過剰な「ダメ出し」をすることでも知られている。

20日放送『しゃべくり007』(日本テレビ系)で、その渡部に「ダメ人間」疑惑が浮上。視聴者から厳しい意見が飛び交った。

(画像は日本テレビ『しゃべくり007』公式サイトからのスクリーンショット)

 

■番組で嘘をつく

仕事もプライベートも順調な渡部の「ポンコツ・児島以上にダメなところ」が明かされる。

パクチーが苦手な渡部、グルメ番組では「ウマい」と嘘をつく。マズいと言えないのは理解できるが、明らかな嘘に周囲は批判。渡部は「パクチーに歩み寄った」と苦しい言い訳を繰り返す。

また、鼻をほじるのは「親指ならセーフ」だと独自のルールも明かし、「本番中も親指で鼻をほじっている。バレてないと思っている」と児嶋に暴露された。

 

■下半身の乱れ

トイレに行くとチャックを閉め忘れる渡部に、スタイリストは「下半身が乱れるから注意」していると明かすと、「よくある」と児嶋も同調。さらに「しっかり者のイメージがあるから、間違いを指摘しづらい」点を挙げる。

「(児嶋が脱いだ私服を)間違えて着る」「マネージャーが電話先と話しているのに気付かず、自分に話しかけられていると思って挨拶する」など、天然エピソードが次々に明らかとなった。

 

■渡部に厳しい意見

天然を指摘された渡部は児島に逆襲する。

「そんなに気を使うなら児嶋が注意してくれなきゃ」と詰め寄り、いつものアンジャッシュの流れに。追い詰められた児嶋はポンコツぶりを遺憾なく発揮し、得意の「滑り芸」で笑いを誘った。

渡部が責められつつ、最終的には児嶋が責められる。昨今のアンジャッシュらしい展開にも見えたが、視聴者からは渡部に厳しい意見が集まった。

最近は芸よりグルメに比重を置く渡部だけに、芸人としての評価が低くなっている。「笑い」で済まされる範囲にも批判が集まるなど、渡部の好感度に陰りが見受けられた。

 

■4割が「チャンネルを変える芸能人がいる」

しらべぇ編集部で全国20〜60代のテレビ視聴者1,117名に「嫌いな芸能人」について調査、「テレビに出てたらチャンネルを変える芸能人がいる」と答えた人は40.6%にものぼった。

テレビ

批判が多くなるのは人気者の宿命とは言え、これ以上「渡部嫌い」な視聴者が増えると今後の活動にも支障が出かねない。それこそ「渡部が出ているとチャンネルを変える」となれば大問題だ。

公私ともに順調な今だからこそ、ふんどしを締めなおさなければ、思わぬところで足をすくわれる可能性もあるだろう。

・合わせて読みたい→相方の交際・結婚は「ネットで知ったレベル」 児嶋一哉の告白に驚きの声

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年4月22日~2016年4月25日
対象:全国20代~60代のテレビを観る男女1,117名 (有効回答数)

この記事の画像(1枚)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu