しらべぇ

100円から100万円まで! ワインが好きな人ってどれくらい? 

100円ショップでも買える、ワイン。それでも、好きな人はやっぱり「感動」を求めるようで…。

グルメ

(Emilija Randjelovic/iStock/Thinkstock)

先週16日、ボジョレ・ヌーヴォーが解禁された。手頃な価格や飲みやすさから、すでに試してみた人も多いのでは。

そんなワインだが、100円ショップで売っているものから100万円以上するものまである。中には、高いワインを収集することが趣味の人や、投資対象としてワインを購入する人もいるようだ。

一方で、その高貴なイメージから「とっつきにくい」「巷でいわれるほどおいしくない」という声も存在。一体どのくらいの人が、ワインを好んで飲んでいるのだろうか?

 

■ワインは好き?

そこでしらべぇ編集部では、全国の20代~60代の男女1,354名にワインについての意識調査を実施。

結果、「大好き」と答えた人は14.3%、まあまあ好きは30.6%で、比較的好んで飲んでいると思われる割合は、44.9%に。

一方、「あまり好きではない」人は27.0%、「嫌い」は28.1%で、「とくに好きではない」人は、55.1%。僅差ながら、ワインを「好んでいない」人のほうが多いことがわかった。

 

■世代別で見るとある傾向が

どのような人たちが、ワインを好んでいるのだろうか? 年代別で見ると、ある傾向が出た。

50、60代の割合が高く、30、40代は好きではない人のほうが多い。原因は不明だが、世代間で意識に差があることだけははっきりしているようだ。

 

■職業別に見ると…

さらに職業別でも傾向が…

会社役員・会社員・公務員など、一定の収入がある職業ほど好む割合が高いのだ。

ワインは良いものになるとかなり高額となる。それだけに、相応の収入が必要となってくるということだろうか。

 

■ワイン好きの意見は?

ワイン好きのMさんに魅力などを聞いてみた。

「ワインはとにかく奥の深い飲み物。同じ種類のブドウを使っていても、畑によって全然味が違ってくるし、製造年度でも変わる。それを一つひとつ味わうのが楽しい。確かに、お金はかかってしまいますが、数多くのワインを味わっていくと、心の底から感動するようなワインに出会えることがある。そのときの喜びは、計り知れないです。

 

高いものほど美味しいのは事実ですが、安くても感動するワインもある。逆に、高くても『イマイチ』と感じるものも。そこが面白いところなんです。

 

ワインは金持ちだけの楽しみではない。自分に合うワインを見つけて、美味しいと思うものを飲んでもらいたい」

 

ワインが「好きではない」人も、手頃な価格のものでもいろいろ試してみたら、お気に入りになるような1本に出会えるかも。

・合わせて読みたい→シャンパンとスパークリングワインの違いって? 20代の53.3%が「わからない…」

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年9月29日~2017年10月2日
対象:全国20代~60代の男女1,354名(有効回答数)

この記事の画像(4枚)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu