「結婚はツラさも倍」 RAG FAIR・土屋礼央の恐妻家エピソードが衝撃的すぎる

『行列のできる法律相談所』でアカペラグループ・RAG FAIRの土屋礼央が恐妻家エピソードを告白

アカペラボーカルグループ・RAG FAIRの土屋礼央(41)が、19日放送『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に、「気の毒な夫」として出演。

2012年に結婚した土屋は「僕の人生で一番怖いのが妻」と断言、その「恐妻家エピソード」に反響が起こっている。

(画像は土屋礼央Twitterからのスクリーンショット)

■驚異の恐妻家ぶり

番組の人気企画「芸能界気の毒な夫決定戦」にエントリーした土屋だが、「仕事のOKは妻が出す」ため、同番組の出演が危ぶまれた。

そこで「妻に怒られないように24時間考えて生きている。僕のように対処すれば家族は円満になると伝えたい」と妻を説得し出演に漕ぎつけたと、早速「恐妻家ぶり」をアピール。土屋が妻とのエピソードを語りだす。

話の流れで「もし浮気したらどうする」と尋ねると、「ナイフで刺して私も死ぬ」と妻。恐怖を覚えた土屋は、女性の連絡先をすべて削除、指紋認証も妻のものを登録するなどして身の潔白を証明した。

 

■止まらない恐妻家エピソード

土屋の恐妻家エピソードは止まらない。

・「家族サービスするよ」と妻に言うと、「あなたにとって家族はサービスの対象なの?」と詰め寄られる。

 

・妻がヘルシーな料理が好きなため、食べたいものはコンビニで購入し、外で食べて証拠を処分してから帰宅。

 

・妻への問いかけに2秒以内に回答しないと怒られるため、食い気味に返事。返事をした後、どうするか考える。逆に妻に頼むときは頭に「ごめん」を付けるのが癖になっている。

 

エピソードを語りながら、土屋は「結婚は良いことばかりが倍になるんじゃない、ツラさも倍になる」と本音をこぼした。

次ページ
■視聴者の意見は二分

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ