キュートな新人グラドル・石森みずほ 恥じらいながらも大胆露出に挑戦

最初は緊張していた撮影も後半につれてどんどん大胆に? 

透明感のある肌とあどけないルックスが魅力的な新人グラドルの石森みずほちゃんが、ファーストイメージDVD『天使の片思い』(ジェリービー)をリリース。

東京・秋葉原で行われた発売記念イベントを、しらべぇ編集部も取材に訪れた。

 

■緊張の撮影から徐々にテンションUP

初のイメージ作品となる今作は、8月に都内スタジオで撮影されたもの。

3ヶ月前にグラビアデビューを果たしたばかりのみずほちゃん。「右も左も分からない状態でどういうことするのかも全然わからなかったので、最初の一着目の衣装のときはめちゃめちゃ緊張したんですけど、後半につれてすごく慣れてきて、楽しいなって思えるようになりました」と初めての撮影の思い出を語った。

 

■縄跳びを振り回してはしゃぐ場面も?

最初は緊張もあったが、徐々に楽しめるようになっていったそうで「縄跳びをするシーンでは縄をムチみたいに振り回したりとか、お尻のラインに食い込ませるときにめっちゃ食い込ませたりとか、やっててすごい楽しかったです」とノリノリで行った撮影も。

「普段縄跳びを振り回すことってなかなかないじゃないですか(笑)。中学生みたいな感じのコンセプトでって言われていたので、そんな風に遊びながらも、ちょっとセクシーにやらせてもらいました」とアピール。

次ページ
■チャプターが進むごとに徐々にオトナの雰囲気に

この記事の画像(6枚)

あなたにオススメ