しらべぇ

やめられない! 写真の盛り加工やラーメン…気づけばハマりすぎな人たち

病院にかかるレベルの中毒や依存症じゃないけど…

ライフ

(miya227/iStock/Thinkstock)

常に仕事のことを考えてしまうワーカホリックや、必要もないのに買い物せずにはいられない買い物依存症、お酒ならアルコール中毒、ギャンブルならギャンブル依存症など、昔からさまざまな「中毒」や「依存症」が存在する。

状況によっては専門医の治療が必要になるケースもあり、本人だけでなく周囲にまで影響が出ることも。

しらべぇ編集部では、全国の2060代の男女1,348名を対象に「中毒的にやめられないことがある」か調査を実施した。

 

■中毒や依存症にはお金が…

調査全体を見ると18.5%が「あてはまる」と回答。性年代別で見てみると、

男性は年代によりばらつきがあるものの、女性は年齢を重ねるにつれ減少する傾向となった。

女性は年代が上がると、こだわりや中毒から解放されやすいのに対し、男性は経験を重ねても、そうした中毒から抜け出しにくいのかもしれない。

また、年収別でチェックすると、「300万円未満」も2割近いが、「700万円以上」になると4人に1人を超える割合に。

何らかの中毒や依存症にハマると、一定以上のお金がかかることも多いだけに、「中毒する余裕がある」という見方ができるのかも。

 

■加工しない写真なんてイヤ

実際に「中毒レベルにハマっていることがある」という人に話を聞いた。

 

①写真加工アプリ中毒

SNOWBeautyPlusをはじめ、流行りの加工アプリはとりあえずチャレンジ。毎日何十枚も撮るけど、『肌を綺麗に見せたい』『顔を小さくしたい』とか状況に分けて使いわけるのがコツ。

 

もちろん、アプリで加工したものを他のアプリでさらに加工するので、たまに別人なんて言われたりするけど、正直盛れてるなら全然構わない。むしろ、何の加工もされていない写真とか、すっぴんを晒すよりもイヤかも」(女性・20代)

 

②ラーメン中毒

「一人暮らしを始めてから、ラーメンを食べ行くことが増えました。夜遅くに仕事から帰って、晩飯を作る気力もないですし…。近所に深夜までやっている店があるから、多い時では週45くらいで通っちゃってます。

 

今では、常連になったせいかトッピングとか、いろいろサービスしてくれるので、むしろやめられない。(笑)気づけば普通の時間に帰っても、その店に行っていることもあるので、完全にハマっていますね」(男性・20代)

 

Amazon中毒

「初めはちょっとした本やDVDAmazonで買っていたけど、何かと便利だし、家に届くのもラクなので、今では水やお菓子、ティッシュなど日用品まで、毎日のように注文しています。

 

今は2時間便や1時間以内に届くサービスもあって、ネットスーパーと使い分けるのも面倒で、買い物はほとんどAmazonに依存していますね」(女性・40代)

 

画像加工をせずにはいられない、ネットスーパーと同様に特定の通販サイトを使うくらいは問題ないが、栄養が偏ると健康に影響が出る可能性もある。

ハマるものがあるのは楽しいが、過剰になりすぎないよう気をつけたほうがよさそうだ。

・合わせて読みたい→「カフェインなしじゃ働けない!」 カフェイン中毒に悩まされる人達

(文/しらべぇ編集部・ステさん

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年2月19日~2016年2月22日
対象:全国20代~60代の男女1,348名 (有効回答数)

この記事の画像(2枚)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu