しらべぇ

ケンドーコバヤシも絶賛! 大阪・新世界「香港」のカニ炒飯&餃子が激ウマ

大阪・新世界にあるのに、店名は「香港」。そんな謎の中華調理屋が激ウマ…

グルメ

しらべぇ餃子マニア記者による連載「亜希子の餃子まみれ」。

sirabee1019ookiakiko_oosaka001

大阪市浪速区の繁華街「 新世界」は、日本有数のディープなエリアとして知られている。

同エリアは、串カツやどて焼きといったB級グルメが豊富だが、他にも、この地でしか味わうことができない食べ物がある。

記者オススメは、通天閣の足下から西へ徒歩1分ほどに位置する隠れた名店、「香港」の炒飯と餃子だ。

sirabee1019ookiakiko_oosaka002

 

■炒飯を注文すると…

新世界にありながら、なぜ香港という名前なのかというと、先代が香川県の小豆島出身のため「香川の港町っで育ったから」という理由らしい。

同店舗の「カニ玉炒飯」 (700円/税別)は芸人のケンドーコバヤシも、著書 『ケンドーコバヤシのたまらない店』で京阪神のイチオシグルメとして紹介している。

sirabee1019ookiakiko_oosaka004

一見すると普通の炒飯だが、食べ進めていくうちにカニの身の多さに衝撃を受ける

入っているカニの一部をスプーンに寄せ集めると、こんな感じ。

sirabee1019ookiakiko_oosaka006

身がふっくらとしてほのかに甘く、上品な味わい。

そこへ玉ねぎとニンジン、ネギの歯ごたえがやってきて、最後に卵のふわっとした柔らかさが加わる。

しっとりとしているのに、パラパラと炒め上げた食感も感じられ、そのバランスは絶妙だ。

あまりのウマさに、店主に感想を伝えてみても、特別な調味料は使っていないし、大きく手を加えたりもしていないと笑いながら返される。

sirabee1019ookiakiko_oosaka007

調理の様子を見せてもらっても、ご飯と具を炒めながら卵を少しずつたらしこむようにして混ぜ、塩・コショウや醤油などでシンプルに味付けをしているだけだ。

それなのに、どういうわけだか、旨い。熟練だからこそ成せる業なのだろうか。

sirabee1019ookiakiko_oosaka008

 

 ■炒飯と同じくらい激ウマ

餃子も絶品。記者は餃子番組に出場するほどのマニアだが、関西の餃子通の知人から「香港の餃子は食べておけ」と言われていた。

sirabee1019ookiakiko_oosaka009

ざっくばらんに並べられた焼餃子は、炒飯同様にシンプルな見た目。

sirabee1019ookiakiko_oosaka010

お酢とラー油で食べるのがオススメだというので、そのとおりに餃子の側面を浸して食べる。

sirabee1019ookiakiko_oosaka011

キャベツ・白菜・ニラ・にんにくと、ミンチは豚肉で構成されている餡にはしっかりと味が付いており、深みがある。

皮は、焼き目はカリッとしているが全体的にモッチリ。見た目以上に深みが感じられる味わいだ。

 周辺に観光の際は、ぜひ足を運んでみるべきお店だろう。

【香港】
営業時間:17:00~23:45
場所:大阪府大阪市浪速区恵美須東1-19-12

・合わせて読みたい→餃子のプロが選ぶ!「激旨カラフル餃子」が食べられる店とは

(取材・文/しらべぇ編集部・大木 亜希子

この記事の画像(9枚)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu