しらべぇ

かまいたち濱家の「壮絶すぎる幼少期」が話題 親孝行する姿に感動の声も

『櫻井・有吉THE夜会』に出演したかまいたち・濱家隆一。幼少期の極貧生活が話題に。

エンタメ

(画像はTwitterのスクリーンショット)

『キングオブコント2017』(TBS系)で優勝した実力派コンビのかまいたち。

同局で16日放送の『櫻井・有吉THE夜会』で、ツッコミ担当・濱家隆一(34)の壮絶な幼少期が話題になっている。

 

■極貧の幼少期を過ごす

かつて母と姉と3人暮らしで築約50年の6畳の2DKアパートに住むほど、実家が裕福ではなかったと明かす濱家。離婚した父親が借金を抱えたため、極貧生活を送ることになったようだ。

食卓には、小麦粉を練って汁に入れる「すいとん」がたびたび並んでいたという。濱家自身は気にせず食べていたが、ある日小学校の授業で「戦時中の貧しい人たちはすいとんを食べてました」と言われ、ショックを受けたこともあったという。

また服がないため、夏場は長袖を切って半袖にしたり、冬になるとまた袖を縫って使っていたようだ。

 

■両親に賞金を手渡し

その後、濱家が11歳のころに母親が再婚。新しい父親に育ててもらったと感謝する濱家は、現在の実家に帰省した。

実家では濱家のリクエストで「すいとん」「お好み焼き」「即席ドーナツ」など、粉物のフルコースが振る舞われると、濱家は「懐かしい! 基本は粉でお腹を膨らませてた」とおふくろの味を堪能した。

そこへ父親が帰宅。濱家は「血の繋がっていない父親です」と笑いながら紹介し、両親それぞれに50万円ずつ手渡した。どうやら濱家は、苦労をかけて育ててもらった両親たちに感謝の気持ちを込めて、お笑い賞レースの賞金の一部を毎回渡しているのだという。

母親は照れ隠しか、カメラの前でお札を一枚一枚丁寧に数え「お父さんとお母さんは金額同じなん? 血が繋がってないのに」とジョークを交え、父親も「俺のほうが余計もらえる。血繋がってないのに育てたんやから」と主張。これには濱家も「(お金を)返せ!」とツッコミ、笑いを誘った。

 

■「親孝行な光景にほっこり」の声

笑いの絶えない家族団欒の様子に、ネット上でも「感動した」「いい家族」との声があがった。

 

■「親への仕送り経験」は2割

親への感謝の気持ちを込めて、お笑い賞レースの賞金の一部を仕送りしている濱家だが、世間では一体どれほどの人が親へ仕送りした経験があるのだろうか。

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,228名に調査したところ、2割が該当した。

3ポイントと微差ではあるものの、女性よりも男性のほうが仕送りを経験しているようだ。

 

ブレイクこそにゃんこスターに奪われてしまったものの、長年の努力で培った実力のおかげで着実に脚光を浴びているかまいたち。今後、ますます賞レースでも活躍するだろう。きっと濱家の両親も喜んでいるに違いない。

・合わせて読みたい→サンシャイン池崎 空前絶後の実家TV初公開!母の愛情に「照れくさい」

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年4月21日~2017年4月24日
対象:全国20~60代の男女1336名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu