しらべぇ

『ドクターX』遠藤憲一の励まし「がんばれ大門!」がかわいすぎる

『ドクターX』。西田敏行、段田安則らが登場しない中、遠藤憲一演じる海老名先生が持ち前のかわいさでファンの心の隙間を埋めることに。

エンタメ

ドクターX

9日、米倉涼子主演ドラマ『Doctor-X〜外科医・大門未知子〜』(テレビ朝日系)第5シーズンの第6話が放送された。

親友・城之内博美(内田有紀)との友情が描かれたほか、遠藤憲一演じる海老名敬のかわいさも際立つ回に。

 

■給料制の大門の一方、城之内は…

外科副部長・猪又孝(陣内孝則)がオペをダラダラ行ったせいで、大物政治家の患者が術後の経過にクレームを入れてくる。猪又はとっさに麻酔科医である城之内の不手際と嘘をつき責任逃れ。結果、東帝大病院への出入りを禁止されてしまう。

これをきっかけに、大門未知子(米倉)との間に思わぬ争いが勃発。定額給料制の未知子に対し、博美は歩合制だったのだ。また、城之内が食べるために残していた餃子を未知子が食べてしまったことも重なり、ふたりの間にはケンカが起きてしまう。

そんな中、ふたりが通っている中華料理店の店主・六浦良夫(平泉成)の妻・敦子(松金よね子)の手術の日が近づいてくる。

だが、一方で良夫の膵臓に重大な病が発覚。複数の腫瘍が見つかり、根治させるには膵臓を全摘するしかない状況だった。だが、術後少しでもはやく厨房に立ちたい良夫は猪又の口車に乗せられてしまうことに。

 

■大門未知子、麻酔医も兼ねる

そこで立ち上がったのが海老名だった。「名医紹介所」の所長・神原晶(岸部一徳)のもとを訪れると、博美をランチに誘い出す。海老名が無理やり敦子の手術に参加させた一方、未知子はそちらではなく良夫の手術にまわる。

想像通り困難な手術となり、猪又は途中で投げ出すことに。しかし、未知子は持ち前の超絶テクニックで危機を脱し、度重なる術式の変更を経て膵臓の機能の一部を残した状態で手術を成功。

なお、麻酔医がおらず、途中から博美が来るまでの間は未知子が麻酔医も兼ねるという離れ業も披露。最終的にふたりは友情を確かめあった。

この展開に、ネット上では賞賛の声が相次いでいる。

 

■とにかくエンケンがかわいすぎる

遠藤憲一

西田敏行演じる蛭間院長や、先週の放送で大騒動を起こしてしまった鳥井外科副部長(段田安則)が登場せず、「さみしい」という声も多かった今回の放送。

そんな中、視聴者の心の隙間を埋めたのがエンケン演じる海老名だ。患者の命を救ってほしいと考えた大門のもとを訪れると「頑張れ頑張れ大門!」と謎の励まし。

その無邪気なキャラクターに、反響の声はとても多い。

 

■豊田真由子議員ネタ?

また、蛭間が出張のため院長代理として猪又が威張るシーンでも小ネタは登場。海老名に対し

「人の上に立つ人間には他の人より秀でたものが必要ですよ。海老名先生にはなにがありますか? なにがあ・る・の・か・なー? なー? なー?」

 

と、どことなく豊田真由子議員を思わせる喋り口調だったのだ。これにはネット民も……

とめざとく反応することに。

 

■「好きなものは最初に食べる」は3人に1人

ちなみに、しらべぇ編集部が行った調査では「好きなものは最初に食べる」と答えた人は全体の32.4%。大門派は多数派ではないようだ。

 

些細なことでケンカに発展しても、手術になれば仲直り。なんとも愛すべき外科医たちだろうか。

《これまでに配信した『ドクターX』記事一覧はこちら

・合わせて読みたい→『ドクターX』間宮祥太朗がイケメン棋士役で登場 「普通の役」と困惑も

(文/しらべぇドラマ班・クレソン佐藤 参照:『ドクターX』公式サイト

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2015年11月20日~2015年11月24日
対象:全国20代~60代の男女1371名

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集