『奥様は、取り扱い注意』西島の嘘に…「古いジャズ」は綾瀬のトラップか? 

『奥様は、取り扱い注意』第7話では、遂に勇輝(西島秀俊)の裏の顔がチラつき…夫婦に不穏な空気が

エンタメ

2017/11/16 16:00

(画像は『奥様は、取り扱い注意』公式サイトのスクリーンショット)

番組放送中、Twitterではトレンド1位になるほどの話題を呼んでいる『奥様は、取り扱い注意』。15日、第7話が放送された。

前回は毎週恒例のアクションシーンがなかったために待ち遠しかったのか、冒頭からアクションが披露されると

と、早くもタイムラインが盛り上がった。

第7話は、いつも通り菜美(綾瀬はるか)が「元特殊工作員」主婦として人助けをするほか、今までずっと疑惑の目が向けられていた、西島秀俊演じる勇輝の怪しい一面がいよいよ明るみになってきたりと、盛りだくさんの内容だった。

菜美と優里(広末涼子)、京子(本田翼)が「探偵みたいなことをやっている」という噂を聞いた、主婦仲間の友恵(霧島れいか)は、余命が残り半年であることを菜美たちに告げる。

安定した夫婦生活の中で、女としての自分が既に死んでしまっていると感じた友恵は、大学時代に付き合っていた、安定とは無縁だが大きな夢を持って生きていた元恋人に再び会いたいと、菜美に捜索を依頼した。

菜美はかつての仕事仲間・小雪(西尾まり)に調査を依頼し、なんとか友恵の元恋人・幸平(渋川清彦)を探し出す。再開した幸平に、友恵は学生時代別れに至った経緯や、現在の思いを打ち明けた。二人は再び結ばれることとなり、今回のテーマは無事解決されたが…。

 

■電話待ち菜美がかわいすぎ

(画像はYouTube日テレ公式チャンネルのスクリーンショット)

今回、勇輝は5日間も出張ということで、寂しがった菜美のために毎晩電話することに。

夜ベッドの上で携帯を見つめ、夫からの電話を待つ菜美がかわいすぎて、Twitterも大盛り上がり。

https://twitter.com/nonoM0v0M/status/930792246093348865

元特殊工作員なのに、嫁に行った途端このかわいさを発揮するなんて…。強いからいざという時には守ってもくれるし、野菜を切るのがちょっと下手なくらい、全然問題にならない。しらべぇドラマ班・軟弱系男子記者の勇輝を羨ましく思う気持ちは強まるばかり。

女性には自衛隊員が集まる合コンが人気のようだが、もしも元特殊工作員の美女と会える合コンがあれば「絶対に参加したい!」と思えてきた。

 

■CM夫婦が本当の姿?

以前から伊佐山家のリビングが映る度に、

というように、Panasonicが思い浮かぶことを鋭く突っ込むドラマウォッチャーたちがいたが、今回は勇輝が出張中にも関わらずCMでPanasonicの一家団欒シーンが放映されたため

と、面白い疑いを持つ声も見られた。

Panasonicといい、「ラ王」といい、日常的なCMに出演しているため、しばしば突っ込まれてしまう西島。もういっそ、ドラマ放送中に綾瀬はるかと共演するPanasonicのCMを作って放映してほしいくらいだ。

次ページ
■今日の旦那西島語録

この記事の画像(4枚)

あなたにオススメ