しらべぇ

『わろてんか』ヒロインの妹を演じる19歳 大注目の女優・堀田真由の素顔に迫る

NHK朝ドラ『わろてんか』でヒロイン葵わかなの妹役を演じる、滋賀県出身の19歳だ。

エンタメ

NHK朝の連続テレビ小説『わろてんか』で、葵わかな(19)演じるヒロイン・藤岡てんの妹(りん)を演じる、堀田真由(19)。

10月には、オムニバスホラー映画『狂い華』の中で『呪いうつり』に主演。母を亡くし、再婚した父と暮らす少女という難しい役をホラーテイストで見事に演じている。

しらべぇ取材班は、今もっとも注目の若手女優のひとりである彼女に、直接話を聞いた。

 

■笑いが絶えない『わろてんか』の撮影現場

堀田真由

数多くのお笑いタレントを抱える吉本興業の創業者、吉本せいをモデルにした『わろてんか』。撮影現場の雰囲気も、その題名のとおりだという。

堀田:「笑い」をテーマにしているので、ストーリー自体が見てくださる方も楽しいと思うのですが、演じている側も共演者やスタッフさんを含めて、とにかく誰かが笑っているような楽しい撮影です。

 

今まで出演させていただいた作品で、ここまで本番中に笑いを我慢して演じる現場は初めて。カメラが回っているときは、「素に戻って笑っちゃわないように」というのが、いちばん気をつけているところです(笑)

 

■滋賀県出身も活かして

堀田真由

そんな堀田の出身は、関西の滋賀県。今回の朝ドラの舞台にもほど近い。

堀田:『わろてんか』では京都篇に出演しているのですが、出身地とお隣ということもあって、それほど戸惑うこともなかったです。滋賀県の方言は京都に近く、やわらかい印象があるようで、はんなりしゃべる話し方は通じるものがありました。

 

とはいえ舞台は明治時代の京都なので、今知っている京都の言葉とはやっぱり違いもあります。ドラマの中で「私」のことを「うち」って言うのですが、私の地元とはイントネーションが違うんです。とてもよく出てくるセリフなのに、最初はなかなかうまく言えないこともありました。

 

ドラマは、てんとりんが暮らしていた京都から、大阪に舞台を移している。

堀田:今、ドラマは姉のてんちゃんが家を出て「大阪篇」なんですけど、妹のりんはお姉ちゃんが大好きな役なので、これからも様々な登場シーンがあります。楽しみにご覧ください。

 

■ドラマの演技を真似ていた少女時代

堀田真由

今、19歳の彼女が女優をめざしたきっかけについても聞いてみた。

堀田:6歳から高2で東京に出てくるまで、ずっとクラシックバレエを習っていました。祖母がとても宝塚が好きで、幼稚園のときに連れていってもらい、はじめは「タカラジェンヌになりたい!」と思ってバレエを始めたんです。「表舞台に立ちたい」という気持ちがあったんだと思います。

 

中学校の頃、テレビの中でキラキラ輝いている同世代の女の子たちに憧れを持ち始めて、ドラマで女優さんが演じているシーンを真似するようになりました。「わたしだったらこうやって演じるな」って。そこからお芝居というものに興味を持ち始めて、映画『ソロモンの偽証』のオーディションを受けたんです。

 

■悔しい思いが今に活きる

1万人が応募した『ソロモン』のオーディションで、堀田は最終選考に残る。

堀田:演技に興味があったとはいえ経験もなく、演劇部でもなかったので、最終選考では、「なんでここに来たんだ?」というのが実感でした。同世代でテレビで見ていた人たち、キラキラしている人たちがいる緊張感。同じ年頃でも、考え方が大人で自分とは違う印象でした。

 

でも、落ちたときに「作品に出る子たちと同じ世界に帰ってきて、それ以上をめざしたい」と思って、その年に事務所のオーディションを受けました。やわらかく見えるかもしれませんが、バレエを習ってたせいか、負けず嫌いな面があるんです(笑)

 

「下積み」じゃないですけど、落ちてるオーディションは結構多いです。そういう悔しい思いをしてきたのが今に活かされてるな、と感じることはありますね。

 

■引き出しを増やして決めつけない

堀田真由

朝ドラから、ホラー映画、CMと役柄も拡がっているが、演技にあたってはどのようなことを考えているか、聞いてみた。

堀田:台本を何度か読ませていただいて、「こんな感じの女の子かな」と想像した上で、できるだけ考えすぎないで、イメージを決めつけすぎずに現場に臨むようにしています。あまり固定してしまうと、監督が思い描いているものと違ったときに、変えられないかもしれないので。

 

現場の雰囲気を見て、たとえば家のセットに置かれている小道具を見て、「あ、こういう家に暮らしている子なんだ」ってイメージが変わることもあります。監督やスタッフに「もっとこうしてほしい」と言われたときに、すぐそれに応えられる女優でありたいです。

 

まだまだ経験も浅いので、まわりの方の「こうしたほうがいいよ」っていうアドバイスは、できるだけ聞くようにしています。

 

一方で、現場で臨機応変に対応するために、日々心がけていることも。

堀田:日常で、できるだけ人間観察をするようにしています。あと、本を読んだり映画を見たとき、「こういう役だったら、こういう行動もするんだな」と頭に入れています。常に引き出しを増やしておいて、それを現場で出していく感じですね。

 

■恋愛ものはまだ苦手?

女優として、今後演じてみたい役について聞いてみると…

堀田:『わろてんか』のりんちゃんは自分に近いものがありますけど、それ以外はどちらかと言えば自分とは真逆の個性の強い役を演じてきていて。「意外と等身大の役をやっていないな」って気づいたんです。ふつうの人…っていう表現が正しいのかわかりませんが、そういう役を演じるのが難しいんじゃないか、っていうのがあって。なので、素に近いような役もやってみたいですね。

 

あと、私、恋愛ものがいちばん苦手なんですよ(笑)。高橋一生さんとご一緒させていただいたファブリーズのCMで、「ずっと気になってました」って告白するシーンがあるのですが、監督さんに「顔が固い」って言われて…。「やっぱり苦手だな」って思いました。

 

今19歳なんですけど、これから大人になっていくときに、ちゃんと王道なラブストーリーを演じられる、振り幅がある女優になりたいと思っています。

 

■写真に言葉をつける投稿が楽しい

堀田真由

インスタグラムツイッターで公式アカウントを持っている堀田。

堀田:インスタはプライベートで、ご飯を食べに行ったりしたことも載せています。ツイッターは仕事関係のことが中心ですね。

 

今あったこと、ありのままをつぶやくとかはちょっと苦手で、言葉だけを投稿するよりは、写真に関連する言葉をつけるのがすごく好きです。インスタのほうが自分の中ではメインな感じになってるかな。事務所の先輩でもある吉高由里子さんの投稿には、心惹かれますね。言葉遊びとかも、すごく上手で。

 

19歳って、自分の中ではすごく揺れるときだと感じているのですが、悩んでいたこととかも書いたりしました。マネージャーさんに「ポエマーかよ(笑)」ってツッコまれながら。

 

「『わろてんか』で真由ちゃんを知りました」のようなコメントとかもたくさんいただいて、全部ちゃんと読んでいます。応援してくださってる方に感謝を伝えられるような場を増やしていきたいと思っています。

 

公式インスタグラム公式ツイッター

・合わせて読みたい→堀田真由が熱演の「泣ける受験応援動画」が50万再生突破 「土日のセンター頑張る」の声も

(取材・文/しらべぇ編集部・タカハシマコト 取材協力/堀田真由

この記事の画像(5枚)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu