しらべぇ

嫌いなママタレントランキング 1位は男女ともに納得の結果に

さまざまな理由から嫌われているママタレントをランキング形式で発表!

エンタメ

(violet-blue/iStock/Thinkstock)

タレント活動をしながら、同時に家庭で育児も両立させているママタレントたち。懸命に頑張る姿に勇気をもらえる一方、中にはイラッとしてしまう人もいるだろう。

そこでしらべぇ編集部は、全国20〜60代の男女1,354名を対象に「嫌いなママタレント」について、複数回答で調査を実施。以下、トップ5をランキング形式で発表しよう。

 

■第5位:木下優樹菜(19.6%)

2児の母である木下優樹菜(29)。夫であるFUJIWARA・藤本敏史(46)とともに、子供の成長記録をインスタグラムにアップしており、ファンから反響を呼んでいる。

しかし、おもに40代女性の3割が否定的なよう。「オメェ」「ざっけんな」といった言葉遣いも含め、おしとやかな古き良き母親といったイメージがないことが影響しているか。

 

■第4位:益若つばさ(20.1%)

1児の母である益若つばさ(31)。タレント業のほか、ファッションブランドのプロデュースを行うなど、多岐にわたる活躍を見せている。

しかしその一方、30代女性の3割弱、4、50代の3割以上が「嫌い」と回答。華々しい仕事ぶりの一方、母親としての役割の部分であまり良く思わない女性が多いのかもしれない。

 

■第3位は自由なイメージのある女優

3人の子供を育てる女優・土屋アンナ(33)が3位にランクイン(21.6%)。テレビ番組で見せている自由で破天荒な一面とは裏腹に、子供たちには厳しく教育するなど母親としての印象も強い。

しかし、40代男女の3割が彼女を嫌っているようだ。やはりそれだけ歯に衣着せぬ言動のイメージが強いということか。

 

■第2位:辻希美(31.6%)

「モーニング娘。」の元メンバーで、3児の母である辻希美(31)。毎日更新されるブログでは、夫で俳優の杉浦太陽(36)とともに子供たちと和気あいあいと過ごす日常がつづられている。

しかし一方で、30代男性の3割、30〜50代女性の約4割が「嫌い」と感じているようだ。他のママタレントと違い、家庭の中の様子を深いところまで見せていることも影響しているか。

 

■第1位:紗栄子(42.7%)

第1位は2児の母であるタレント・紗栄子(30)。母として教育熱心に子供たちに向き合いながらも、ひとりの女性としてまっすぐに生きる姿に励まされるファンも多いだろう。

しかし、男女ともに4割が彼女を嫌っている結果に。元の夫であるダルビッシュ有(31)や、元恋人であるファッション通販サイト「ZOZOTOWN」社長の前澤友作氏(41)との交際など、「玉の輿を狙う女性」との印象が強いのが原因かもしれない。

「嫌い!」と思いながらも、気になってしまうママタレントたち。ある意味では人気の証拠といえるかも。

・合わせて読みたい→嫌いな女性芸能人ランキング 1位は男女ともに納得の結果に

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年9月29日~2017年10月2日
対象:全国20代~60代の男女1354名(有効回答数)

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集