ANAら「赤ちゃんが泣かない飛行機」実現へ 「子連れ禁止もつくれ」と厳しい声も

全日本空輸(ANA)が「赤ちゃんが泣かない!? ヒコーキ」プロジェクトを立ち上げた。賛成の声もあがる一方、厳しい意見も…

(Top Photo Corporation/iStock/Thinkstock)

電車やバス、飛行機などの公共の乗り物で、赤ちゃんが泣き出す事態に遭遇したことがある人もいるだろう。「赤ちゃんは泣くのが仕事」とわかっていても、雰囲気が悪くなってしまうことも…。

そのため、赤ちゃんがいる家庭では、公共の乗り物移動を避けることも少なくない。

この問題に関して、全日本空輸(ANA)が1日に行ったプロジェクトが話題になっている。

 

■赤ちゃんが泣かないように

ANAは「赤ちゃんが泣かない!? ヒコーキ」プロジェクトを立ち上げた。赤ちゃんグッズのメーカーなどと共同で立ち上げたものであり、1日には赤ちゃんをもつ社員らが実験フライトとして参加したとのこと。

実験フライトでは、赤ちゃんのストレス状態を見るために心拍数をスマートフォンでモニターし、気圧の変化による耳痛を和らげるため、飲み物やタブレットお菓子などを与えたりするなどが行われたという。

 

■「良い試みだと思う」の声

ANAによれば、国内線の0〜2歳までの赤ちゃんの搭乗率が1.6%にとどまっているようだ。やはり、周囲への迷惑を考えてか、飛行機を利用しないという家庭が多いことがうかがえるだろう。

報道を受け、ネット民からは「良い試みだと思う」との意見があがった。

・飛行機乗らないと実家帰れないからたすかる。0歳、2歳のママです

 

・0歳児を育てる身としては、どんな結果が公表されるのか楽しみです

 

・子供は泣くもんだと思っていても、やっぱりイライラしてしまうのが悲しいかな大人の性。今回の試みは良いことだと思う。継続して欲しいね

 

・良い試みだと思う。旅行だけじゃなく、必要があって仕方なく乗る家族もいるし。子連れに優しい雰囲気作りは大事

次ページ
■「赤ちゃんは倍の料金をとれ」と厳しい声も

あなたにオススメ