しらべぇ

「マジで仲が悪そうなお笑いグループ」ランキング カンニング竹山からガチすぎる暴露も…

『マジガチランキング』で明かされた「マジで仲が悪そうなお笑いグループランキング」が話題に。ガチすぎる暴露にスタジオ騒然。

エンタメ

(画像はAbemaTVのスクリーンショット)

バラエティ番組などで視聴者を楽しませているお笑いコンビたち。しかし、当の本人たちは不仲で険悪なムードになっていることもしばしば。中には、視聴者たちに見破られているグループも…。

16日放送の『マジガチランキング』(AbemaTV)で明かされた、10代男女たちのリアルな意見が話題に。

 

■マジで仲が悪そうなお笑いグループ

番組では「マジで仲が悪そうなお笑いグループ」について街頭インタビュー。

第3位はアンタッチャブル。「仕事量の差が激しすぎて揉めてそう」「柴田の問題で険悪になってそう」との声が。

柴田英嗣(42)といえば、2010年の活動休止や、昨年のファンキー加藤(38)のW不倫問題など、なにかと話題になっていた。そういった問題児の柴田に対して、相方の山崎弘也(41)が愛想を尽かしたとの見方がされているようだ。

第2位は南海キャンディーズ。「それぞれ個々の活動をしてる」「何かと言い合ってる」との声が。

ふたりはかつて仲が悪かったと認めており、以前は山里亮太(40)が山崎静代(38)を精神的に追い詰めていたことで不仲になったよう。現在では和解しているが、10代男女には険悪に見えるようだ。

 

■1位は大人気のあのコンビ

そして第1位はアンジャッシュ。「仲悪い話をしているときの雰囲気がガチ」「ネタもいつも同じ感じ。あまり話し合ってないのかな」との声が。

児嶋一哉(45)はピンや俳優、渡部建(44)はMCなど、それぞれ個人の活動が目立っているふたり。バラエティ番組でもたびたび不仲なことをネタにしているが、10代男女は本当に仲が悪いと感じているようだ。

 

■スタジオではガチすぎる暴露も…

その他、4位はNON STYLE、5位はウーマンラッシュアワーという結果に。

この結果を受け、カンニング竹山(46)とトータルテンボスのふたりは「全然そんなイメージがない」と驚愕の様子。

また、竹山が知っている中で実際に仲が悪いコンビは、「ねずっちです」でおなじみのWコロン、『天才てれびくん』シリーズに出演していた「どーよ」の2組とのことだが、いずれも解散している。

そして、トータルテンボスからは「『インパルス』はマジでガチなやつだからダメ」という暴露も。さらに竹山が「DonDokoDonは?」と聞くと、ふたりは青ざめて「本当に触れられないやつ」と語り、笑いを誘った。

 

■大人になってからの絶交経験は2割

かつて仲が良かったコンビも、何かをきっかけに不仲になることも珍しくないという。

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,352名に「友人関係」について調査したところ、2割が「大人になってから絶交したことがある」と回答。

5人に1人が大人になってからの絶縁を経験しているようだ。

 

不仲を公言しているコンビよりも、ひっそりと活動しているコンビのほうが険悪なのかもしれない。

・合わせて読みたい→「マジで嫌いな司会者」ランキング 意外すぎる結果にカンニング竹山も驚愕

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年3月18日~2016年3月22日
対象:全国20代~60代の男女1352名(有効回答数)

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集