しらべぇ

GACKTが「ブランド志向の若い女性」をバッサリ! その理由に共感の声

ブランド品を買いたいがために、JKビジネスや売春などに手を染める若い女性を批判したGACKT。日本人はブランド志向が強すぎる?

エンタメ

(画像はInstagramのスクリーンショット)

ブランド物を身につけることを憧れに抱く女性は少なくない。そして、それらを手に入れるために売春や、最近話題の「JKビジネス」に手を染める若い女性たちがいることも事実だ。

ミュージシャン・GACKT(44)が16日に更新したブログが話題になっている。

 

■ハイブランドを身につける若い女性に嘆き

「最近、若い子の身の丈に合っていないブランド志向に気分が悪い」と嘆いたGACKT。

たしかに街を見渡すと、並大抵のお小遣いやバイト代では買えない金額のブランド物を身に着けた若い女性たちを見かけることがある。

GACKTはそういった女性たちのお金の稼ぎ方に疑問を覚えるようで、「考えただけで恐ろしい」と感想を述べた。

 

■日本人はブランド志向が強すぎ?

GACKTによれば、想像以上に「売り」が横行していることも珍しくないという。人気が出ないアイドル・グラドル・モデルといった芸能関係の女性や、大学生・社会人といった一般女性まで職業は幅広いようだ。

また、GACKTは日本について「ブランド志向がここまで強い国も珍しい」と分析。ブランド物を買うことはダメではないが、身の丈に合っていない買い物のために売春などを平気でしてしまう女性たちの感性には問題があると指摘した。

 

■ネット民からは共感の声が

「世の中の女性たちにはもっと自分を大切にしてもらいたい」と身を案じたGACKT。「若いうちにしかできないことはある」としながらも、その解釈を履き違えてはならないとたしなめた。

この投稿にネット民からは称賛の声があがっている。

・おかしいなぁ~と、私も感じます。たぶん、仲間内の競争という狭い狭い関係がすべてになってしまっているのかなと想像します

 

・最近の若い子は、「自分を大切にする」という感覚が、「自分の好きなままにする」だと混同している気がしますね

 

・ブランドってどんな高級な物を持ち歩いていても、人間の中身が伴っていなければ持ち物が浮いてしまいますよね

 

■「日本人の質は変わってきた」が6割

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,365名に「最近の日本人」について調査したところ、およそ6割が「質が変わってきた」と回答。

「堅実さや調和を好み、真面目に働く」といったイメージをもたれがちだが、さまざまな影響によって考え方が変わってきているのかもしれない。

 

「これも時代の流れなのだろうか」と憂いだGACKT。はたしてこの声は当人たちに届くのだろうか。

・合わせて読みたい→GACKT「人見知りはガキだけに許された言葉」 正論が心に突き刺さると話題に

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年9月23日~2016年9月26日
対象:全国20代~60代の男女1365名(有効回答数)

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集