しらべぇ

かなり厄介「仕事ができる風」なだけの人にありがちな発言3選

仕事ができそうに見えても、実はこの発言をしている人には注意が必要だ

ビジネス

(©ぱくたそ)

世の中には本当に仕事ができる人もいれば、単に“できる風”に見せるのが上手いだけの人がいる。

厄介なのは「できる風に見せるのが上手い人」だ。饒舌だったり、できる雰囲気を出していたりということがあるが、実はその人の発言によって「見せかけだけ」ということがわかる。

一体どんな発言をしている傾向にあるのだろうか。しらべぇ取材班は、その実態を調査した。

 

■自ら「勉強している」ことを公表する

「『最近、この勉強に取り組んでいる』とわざわざ発言して、自分を高く見せようとしている人は注意が必要です。

 

よくよく話を聞いてみると、初歩的な内容だったり、書籍から抜粋しただけの内容だったりと、底が浅い場合があります。

 

本当に勉強している人は『勉強している』なんて言わないですし、勉強よりも仕事の実践の方がはるかに重要なので、こういうアピールをしている人は要注意ですね」(男性・30代)

 

■実績もないのに数字を出せる発言

「たまに『自分なら余裕でこの数字が出せる』という人がいますが、結果が出せない場合があります。

 

数字はプロセスを重視して、いいサービスがあれば、あとは母数を増やすだけですが、そこを知らずにピンポイントでアタックしているケースが多いパターンです。

 

根拠となるような理論が曖昧に、とにかく先に公言する人は、実績ややり方をわかっていないことがあります」(女性・30代)

 

■飲み会の席で同僚の悪口

「どこの会社でもあるかもしれませんが、同僚や上司、部下の悪口をいう人は『精神的に弱い』か、『他の人より、自分ができると見せたい』『管を巻く仲間を作りたい』と最悪なケースが多いので、かかわらない方がよいですし、仕事ができない人が大半です。

 

本当にできる人は、そもそも会社の飲み会に参加して無駄口叩かないですし、そんな時間があったら仕事をしています。

 

ただ、誰かを下げて自分を上げるということをしているので、もしかしたら『できる風』に見えてしまうのかもしれませんね」(男性・30代)

 

見せかけだけの「仕事ができる風」の人。見抜くことは、それほど難しくはなさそうだ。

・合わせて読みたい→グチを言っているだけでは… 「仕事で成長する人しない人」の違いとは

(取材・文/しらべぇ編集部・松岡佑季

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集