しらべぇ

夫・妻が好きな人・嫌いな人の割合は? 年代別では残念な傾向も…

配偶者が好きな人の割合を全国の既婚者に調査してみたところ…

男女

夫婦

(Milatas/iStock/Thinkstock)

芸能界では、相も変わらず不倫のニュースが後を絶たない。結婚式で誓ったはずの約束は、忘れられてしまうものなのだろうか。

芸能人に限らず日本の夫婦は、実際に愛し合っているのだろうか? それとも仮面夫婦ながら生活のために続けているのか?

しらべぇ編集部は全国20〜60代の既婚男女705名を対象に調査を実施した。

 

■7〜8割は「配偶者が好き」

配偶者
「大好き/まあ好き/あまり好きでない/嫌い」の選択肢から回答してもらったところ、「大好き」は男女ともおよそ3割。

「まあ好き」と答えた人は男性のほうがやや多く5割に迫った。「好き/嫌い」で大きく分けると、男性は妻が好きな人が8割を超え、夫が好きな女性も7割台。

今回の調査からは、日本の夫婦はそれほど絶望的な状況でもない、と考えられる。

■「大好き」は冷めていく?

また、配偶者への愛情度を年代別に見ると、さらに興味深いことがわかる。
配偶者

「大好き+まあ好き」の配偶者を愛している派の割合は、30代でやや高く40代でやや低いものの、大きな変動は見られない。

しかし、20代では6割に迫っていた大好き派は、歳を重ねるごとに着実に減少し、60代ではおよそ2割。そのぶん、まあ好き派が6割に迫っている。

 

■ラブラブから共感へ

20代、おそらく結婚して間もない夫婦は、愛が冷めてしまうことへの恐れを感じることもあるかもしれない。しかし、こうしたデータを見ても、「大好きが続かない」という傾向は明らか。

無理をすることなく、「なんとなく、やっぱり好き。憎めない」くらいの気持ちを続けることが、夫婦円満の秘訣なのかもしれない。

・合わせて読みたい→不倫する気ないし!  「妻の知人」に手を出そうとした男の最低行動

(文/しらべぇ編集部・タカハシマコト

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2017年4月21日~2017年4月24日
対象:全国20代~60代の既婚男女705名(有効回答数)

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集