しらべぇ

こんなのアリか!?有明海の珍魚を丸ごと包む「珍魚餃子」が激ウマ

有明海の「海の幸」が、パラダイス山元氏の手によって餃子に変身!

グルメ

sirabee20170810ookiakiko001

「餃子の王様」と呼ばれる男がいることを、ご存知だろうか?

日本でもっとも予約が取りにくいといわれる、会員制餃子レストラン「蔓餃苑(まんぎょえん)」のオーナーシェフ・パラダイス山元氏のことである。

彼が2001年にオープンしたこの餃子レストランは、厳格な会員制ゆえに、三つ星店以上の超予約困難店といわれている。

オーナー自ら手で混ぜて包み、焼く餃子の数々は「餃子の概念」が覆されるほどに個性豊か。

sirabee20170810ookiakiko002

芸能界きってのグルメ通である、アンジャッシュ渡部建のブログにもたびたび登場している。

そんな蔓餃苑が、佐賀県の地方創生プロジェクトとコラボレーションを行ない、「珍魚苑」(ちんぎょえん)という名に期間限定で改名。

8月中に実施される抽選で選ばれた人たちに向け、特別に「絶品珍魚餃子」を提供されるらしい…。

そんな噂を聞きつけ、しらべぇ取材班はマスコミ向け内覧会に参加した

 

■住所非公開の幻の地へ…

店舗の所在地については、「東京都杉並区荻窪」だということ以外は非公開。詳しい場所をお伝えすることができないが、「こんな場所にあるのか…」と驚くほどひっそりと佇む。

店の壁には、「珍魚苑」の看板が。

sirabee20170810ookiakiko003

店内には、佐賀県南部の有明海に生息するワラスボやムツゴロウ、クチゾコ、イソギンチャク、アカニシ、白エビ、赤貝など、7種ほどの鮮魚から作られた餡がズラリ

sirabee20170810ookiakiko004

水槽には、生きたワラスボの姿があり…

sirabee20170810ookiakiko005

ムツゴロウの素焼きが下準備されていた。

sirabee20170810ookiakiko006

今回は、抽選で当選した人が食べられる餃子7種のうち、複数の種類を試食することができるというが、一体どのような餃子が出てくるのだろうか…。

 

■パラダイス山元氏、登場

イベント開始後、さっそくオーナーから挨拶が。

sirabee20170810ookiakiko007

パラダイス氏によると、今回の企画実施に至った理由は今年のゴールデンウィークに遡る。

家族旅行で佐賀空港を利用した際、当初は周辺の店で佐賀牛を買って餃子にしようと考えていたそうだ。

だか、道の駅で、珍魚たちを発見。

こんな見た目の魚を、餃子にしたことのある人はまだ世界中にいるまい…そう思い、試しに餃子を作ってみたら、衝撃的に美味しくて感動したとのこと。

イベントに先立ち有明海へ行き、漁師と一緒に珍魚が捕獲されるのを見てきたという。

 

①ムツゴロウ

今回の「珍魚苑」企画で提供される餃子7種のうち、ムツゴロウのインパクトは大きい。

sirabee20170810ookiakiko008

生きたお姿は、こんな感じ。

sirabee20170810ookiakiko009

有明海を代表する生き物で、ゆるキャラにもなっているこちらの魚。佐賀県内では、街灯やマンホールにムツゴロウがデザインされており県民に広く愛されているそうだ。

素焼きにしたムツゴロウを皮で包み、フライパンで一気に火を通す。

sirabee20170810ookiakiko010

焼きあがったところに「がん漬け」と呼ばれる蟹の塩辛と、マヨネーズを和えたソースをかけていただく。

sirabee20170810ookiakiko030

魚の旨味が口に広がり、ソースとの相性バツグン! 見た目はちょっと怖いが、何個でも食べたくなるほど香ばしく、サクサクだ。

 

②ワラスボ

お次は、ハゼ科の「ワラスボ」。

sirabee20170810ookiakiko011

記者も触らせてもらったが、全身がヌメヌメとしており、鮮度が高い印象。

sirabee20170810ookiakiko012

有明海にのみ生息する希少な魚で、強靭な歯で貝や蟹をバリバリ食べてしまうという。

醤油、みりん、砂糖、佐賀県産の日本酒で味付けされた餡を餃子に包み…

sirabee20170810ookiakiko013

焼き上げたところに、「ワラスボの顔の素焼き」を飾って完成!

sirabee20170810ookiakiko015

甘めに味付けられた具材は蒲焼き風。カラッと焼き上げられた頭の歯ごたえが面白い。

こちらも見た目に反してウ、ウマい…!

 

③ワケノシンノス

sirabee20170810ookiakiko016

有明海周辺で「ワケノシンノス」と呼ばれている、イソギンチャクの一種の餃子も登場。

「ワケノシンノス」とは、なんと「若い人の尻の穴」という意味だという。

醤油、砂糖、みりんで味付けされた身は、ジューシーでコリコリとした食感が印象的だ。

sirabee20170810ookiakiko017

 

④ニシ貝

sirabee20170810ookiakiko018

ニシ貝(アカニシ)という大きな貝は煮付けにしても美味しいが、バターで軽くソテーしたのみの調理が、一番美味しいという。

今回の「ニシ貝餃子」も味付けはバターのみ。そんなシンプルな味付けで大丈夫なの? と思ったが…

sirabee20170810ookiakiko019

心配は不要! シンプルな味付けが、素材の旨味を引き出しており奥深い。

sirabee20170810ookiakiko020

コリコリとした歯ごたえに磯の風味が効いて、上品な味わいだ。

 

ほかにも舌平目や、白エビ、赤貝など、有明海の魅力が詰まった餃子がてんこ盛り。

「珍魚苑」メニューが気になる人は、特設サイトの応募フォームから抽選に申し込みできる。

9月1日(金)〜9月22日(金)開苑分の応募は、8月17日(木)から8月23日(木)まで行なわれ、当選者発表は、8月25日予定とのこと。

当選した際のコース料金は、飲み放題付きで2万円。気になる人は、申し込んでみては?

・合わせて読みたい→長野県民は餃子の王将より好き? 『みんなのテンホウ』が激ウマ

(取材・文/しらべぇ編集部・大木亜希子

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集