しらべぇ

SONYは? トヨタは? 米国人が「米国企業だ」と思っている外国企業ランキング

日本やドイツ、韓国の企業でありながら、アメリカで「米国企業だ」と思われているのは…

ビジネス

アメリカ人

(Purestock/Thinkstock)

世界最大の経済規模を誇る米国。先進国でありながら、着実に成長を続ける市場を求めて、日本を始め各国の企業が進出している。

そうした中には、アメリカの株式市場に上場している会社も少なくなく、グローバル企業であるがゆえに「どの国で生まれた会社か」を知らない人もいるかもしれない。

そこでしらべぇ編集部は、リトアニアに本社を持つ調査会社Syno Japanと共同で調査を実施。全米50州に住む10〜60代の男女1,017名を対象に「以下の企業が『米国発の企業』と思うか」について聞いてみた。

BMW/HONDA/Hyundai/Mercedes/Nintendo/NISSAN/Panasonic/SONY/Samsung/TOYOTA/UNIQLO(複数回答可)

 

実際には、いずれも日本、ドイツ、韓国生まれの企業だが、米国企業と誤解されていた上位を5位から順に紹介しよう。

 

■第5位:任天堂

9.4%が「米国企業だ」と勘違いしているのは、マリオやポケモンなどのコンテンツ、『Nintendo Switch』などのゲーム機が人気の任天堂。

イチロー選手が所属した時代にMLBシアトル・マリナーズを保有していたことも、米国人が身近に感じている理由だろうか。

 

■第4位:トヨタ自動車

4位は、世界最大の自動車メーカーのひとつ、トヨタ自動車。10.0%の人が「米国企業」と考えている。

かつて日本車は「貿易摩擦」「ジャパンバッシング」の槍玉にあげられたこともあるが、米国・メキシコなどでの生産を増やしているため、現地の従業員も増えている。

「自分の国でつくられているクルマ」という印象が増しているのかもしれない。

次ページ
■第3位:サムスン

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集