しらべぇ

20代4割「合コン」疲れ?保険勧誘や金銭面でのトラブルも…

合コンで、ショックな経験をしたことのある人もいるようです。

男女

sirabee0804setouchigoukon001

(©ぱくたそ)

男女の貴重な出会いの場、「合コン」。複数人で盛り上がるその席で、良きパートナーと巡り合い結ばれる人もいるだろう。

一方で、世の中には、「合コン否定派」の人もいるらしい。

 

■若年層のほうが…

しらべぇ編集部では、全国20代〜60代までの男女1,342名を対象に「合コンに『良い出会い』はあると思うか?」調査を実施。

その結果、32.5%の人が「無いと思う」と回答。

年代別にみると20代の割合がもっとも高く、約4割の人が「合コン否定派」の結果に。

次いで、30代の割合が高かった。 20〜30代といえば、まさに恋愛市場のど真ん中。 積極的に出会いの場に参加する人も多いだろう。

そんな中でも、「合コンに行っても、内心は疲れている」「惰性で参加している」という「隠れ合コン嫌い」が、一定数存在するのかもしれない。

sirabee0804setouchigoukon002

年齢層が上がるにつれ、否定派の割合は徐々に減少。

若者が行っているのとは、ややニュアンスの異なるコンパを経験していた人の中には、「今の合コンほど、ガッツイてる感じではなかったから」と、いい出会いがあったと言う人も見られた。

 

■ガリ勉族「あのノリが無理」?

特徴別にみると

sirabee0804setouchigoukon003

ダメな異性に惹かれる人は、そうでない人に比べ約14ポイント「否定派」が上回る結果に。

合コンで気になる人ができたものの、その後、相手の「ダメさ」を実感したことのある人もいるのだろうか。

また、ガリ勉族も、そうでない人に比べ約22ポイント拒否感を示す結果に。

勉強に真面目に取り組んでいた時期が長い分、「複数の男女が盛り上がる」という楽しみ方に抵抗感があるのかも。

 

■最悪! 保険勧誘された

編集部では、「合コン嫌い」の人たちから話を聞いた。

「ある日、保険会社に勤めている信頼できそうな男性と知り合い、その人が幹事になってくれて、楽しい合コンを開いてくれたんです。ですが後日、その男性から個別にLINEがきて。

 

『また合コンに誘ってほしければ、うちの会社の保険に入ってよ』と。人間不信になりましたね…」(24歳・アパレル店員・女性)

 

金銭面で揉めたケースも。

「男性知人から、『可愛い女の子何人か集めてよ。食事代は男子のほうで持つから飲もう』と言われ。 面倒ですが、女友達を数人呼んで合コン開催。支払いの段になり『男性側で会計を持つ』という情報が共有されておらず、女子側も6千円ずつ払うことに。

 

『食事無料だから行こうよ』と誘った女友達にお金を出させるわけにはいかず、女子の会計分は、その場で私が払うことに。女友達は、後で個別会計分を支払ってくれましたが、私は猛烈に謝罪しました。

 

こんなことなら合コンしたくないし、男性との会話もまったく盛り上がらなくて…。結局、良い出会いなんて少ないし、お金のムダ」(32歳・声優・女性)

 

 

■合コン成功例

一方で、合コンでちゃっかり「玉の輿」に乗るケースも。

「現在の夫とは、合コンで知り合いました。 会社経営の夫は、業績の良い会社のオーナーとして業界内で顔が知られており、昔から有名人だったそうです。でも何も知らず、20代の頃に合コンで隣の席になり、話が盛り上がって付き合うことに。

 

自分が別の業種に勤めていたこともあり、彼が凄い人だと知らずに会話を楽しみましたが、夫としては、『お金目当て』感がなくて、ガツガツ寄ってこない無欲さが高ポイントだったそうです。ラッキーな出会いも、合コンになるもんだな…と思います」 (31歳・主婦・女性)

 

どのような出会い方で知り合ったとしても、良きパートナーに巡りあうことができれば結果オーライなはず。

だが、「合コンは、出会いの場としての期待値が低い」と思っている人もいるようだ。

・合わせて読みたい→合コンで料理を取り分けた時に男性にされた最低行動3選

(文/しらべぇ編集部・瀬戸内レモン

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年7月14日~2017年7月17日
対象:全国20代~60代の男女1,342名

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集