しらべぇ

もう引っ越したい! うちのマンションの「怖すぎるルール」4選

アパートや集合住宅や団地でも同じようなことがあるかもしれない。

ライフ

(©ぱくたそ)

他人とひとつの建物に住むマンション。皆が楽しく過ごせるように「お互いに笑顔であいさつを!」などのルールを定めているところもあるだろう。

しかし中には、納得できないことを押し付けるところもあるようだ。しらべぇ取材班は、人々に「マンションの謎のルール」を調査してみた。

 

①祝日には日本国旗を飾って、国歌を流す

「右翼的なマンションだったのか…男性大家さんが、祝日になるとロビーに大きな日本国旗を掲げて、横にラジカセを置いて国歌をずっと流していました。

 

私も異様な空気感を感じて怖かったし、友人からも『私も日本は好きだけれどさ、さすがに異常では?』と言われて。一年弱でもう引っ越しましたね」(女性・26歳)

 

②ハロウィンには玄関にお菓子を置く

「住んでいたマンションには、土地柄もあり外国人が多かったんです。そのためか、ハロウィンには子供たちのために、玄関の扉にお菓子を置く決まりが…。

 

置かないとチャイムを鳴らされて『ちゃんと出せ!』と怒られ。仕方なく、僕の大好物のカリカリ梅を大量に置きましたが、ひとつも貰ってくれませんでした」(男性・26歳)

 

③ゴミは透明袋に入れて、部屋番号と名前を書く

「マンションには、24時間出せる集合のゴミ置場があったんですが。しかしそこに出す時には、透明袋に入れて、部屋番号と名前を書くというルールがあり。

 

なにが入っているか一目瞭然だし、最悪は『あの部屋の人の見ちゃおう』と思えば見れるわけで…。普通に、近くのゴミ収集所に捨てに行っていました」(女性・28歳)

 

④月一回でマンション住人全員を集めての会議がある

「うちのマンションは大きくないのに、自治会長やら役員やら…があり、月一回で全員集合の会議も開かれます。欠席すると『次は参加してよ』と怒られるし。

 

また定期的に、マンション内でお花見の会なども開かれ…。こんなの職場だけでごめんなのに、住んでいるところでまでなんて、すごく面倒だしいい迷惑です」(女性・30歳)

 

マンションのルールは、引っ越してからでないとわからないことが多いだろう。自分が納得できないようなルールがあるマンションには当たらないように願いたい。

・あわせて読みたい→「団地に住むのは恥ずかしい」とママ友から偏見を言われた女性に同情の声

(取材・文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん

関連記事

WEBアシスタント募集中 WEBエンジニア募集