しらべぇ

「2週間で18万円稼げる」 ヤンキーが見つけた「ヤバいバイト」とは…

駅でたむろしていたヤンキーが「ヤバいバイト」を発見したという。地域ならではのバイトに、ネット民も思わずほっこり。

話題

お札

(Anusak Rojpeetipongsakorn/iStock/Thinkstock)

世の中には、様々なアルバイトが存在する。最近では、バイトを通じて貴重な体験ができる「地域ならではのアルバイト」も注目を集めている。

そんな中、あるツイッターユーザーの投稿が話題に。

 

■ヤンキーが見つけたバイトが平和だった

投稿者は、ツイッターユーザーの稀乃lョ・*)(@kino6633)さん。駅でたむろしていたヤンキーが「2週間で18万円稼げる」バイトを発見したという。

そのバイトの内容とは…

「ヤンキーが見つけた短期間で稼げるバイト」と聞くと、何か危険な仕事なのでは…とも思われるが、彼が見つけたのは、この時期繁忙期を迎える「茶摘み」のアルバイトだった。

早朝5時から夕方まで、炎天下の中腰をかがめて茶葉を摘む作業は、想像する限りでも容易なことではなさそう。

 

■ネットでは「ほっこり」「かわいい」の声が続出

このツイートは多くの人に拡散され、「かわいいヤンキー」といった声や、「ほっこりした」という人が続出している。

・めっちゃ微笑ましすぎる

 

・明日から幸せな気持ちでお茶が飲めるな

 

・ほのぼのとしますな

 

・働き甲斐もありそうな超健全な仕事やん…

 

・ヤンキーかわいい

 

また、「茶摘み」の実態を知るユーザーからは、作業がどれほど大変なものなのか、注釈するようなコメントも見られる。

・茶摘み知ってる人間からしたら素人が2週間、毎日12時間茶摘みは地獄としか言いようがないです。プロの方を尊敬しかできません。

 

・本業お茶ですけど、田舎のおば様方集めてやってもらってます。腰曲げて1日中手摘みをしてもらって頭が上がりません。

 

多くの方が、過酷な状況下で丁寧に手摘みしてくれたからこそ、美味しいお茶がいただける。田舎のヤンキーの「発見」は、改めて「食材への感謝」を忘れてはいけないと気づかせてくれた。

・合わせて読みたい→「インフルはバイトがない時に」 超ブラックな店長に批判殺到

(文/しらべぇ編集部・もやこ

関連記事

WEBアシスタント募集中 WEBエンジニア募集