しらべぇ

エセ方言にイラッとする理由に納得の声 「バカにしてるのが透けてる」

エセ関西弁など誇張したような方言にイライラしてしまうのには理由があるという投稿が話題に

話題

(©ぱくたそ)

バラエティ番組や漫才などでたびたび耳にする関西弁。「アカン」「なんでやねん」と、なかば誇張したエセ関西弁を話したことがあるという人もいるだろう。

しかし、実際に関西に住んでいる人からすれば、イラッとすることも。その理由について、とある投稿が注目を集めている。

 

■エセ関西弁にイラッとするのは「最大限の挑発だから」

投稿したのはツイッターユーザーのGuntie Asmodée Léaさん(@Gun_tie)。関西出身者がエセ関西弁に過剰なまでの拒否反応を示す理由を語った。

それは、相手の仕草や話し方を誇張したモノマネをして嘲笑することが、「最大限の挑発」となるからだという。つまり、相手のアイデンティティーのひとつである出身地を嘲笑したことにつながり、腹が立つとのこと。

また、投稿主は、関西弁については漫才ブームや明石家さんま(61)の功績によって市民権を得ているためまだマシなほうという。しかし、「その他の地方の出身者の方言コンプレックスは不憫でならない」と同情の声をかけた。

 

■エセ方言に「バカにしてる感じがする」の声

この投稿を受け、そういった嘲笑を受けたという関西出身者や、そのほかの地方出身者の怒りの声があがった。

・関西弁をマネすると関西人がイラッとくるのと同様に、愛知県民に「えびふりゃあって言うんでしょ?」は禁句だと思う

 

・心の底では明らかにバカにしてる感じが透けて見えるからほんとイライラする

 

・関西弁じゃないけどそういうマネいっぱいされたわ。今も許してない

 

・関西人の喋るヘタクソな標準語もイラっとするな

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集